《前編》お笑い芸人の嫁はアゲマンが多い!?

《前編》お笑い芸人の嫁はアゲマンが多い!?
『まんが お笑い芸人のタブー教えます』(コアコミックス 370) [コミック]
たけしを30年以上支える良妻

 まずは「いい嫁」から。数多いる芸人嫁の中でもいい嫁の筆頭として挙げたいのが、ビートたけし夫人だ。元々、芸人として活躍していたが(たけしと出会った頃の芸名は内海ミキ)、1978年、アシスタントを務めていた演芸番組『大正テレビ寄席』で、当時ツービートで活躍していたたけしと知り合った。間もなく同棲し、結婚した。
 たけしが売れない時代には自宅の近所のスナックでバイトをして家計を支えていたというから、まさに、芸人嫁のカガミ。
 その後、空前の漫才ブームが到来し、一躍スターダムにのし上がったたけし。周知のとおり、数々の浮き名に加え、フライデー襲撃事件、そして生死をさまようバイク事故など、激動の人生を共に歩むことになったのに、その都度、陰で支え続けた彼女の懐と愛情の深さには敬服するのみ。
 30年以上にわたって“浅草のたけし”を、ついに“世界のキタノ”にまで昇華させた内助の功は、掛け値なしに“芸人嫁の金字塔”と呼んで過言じゃないだろう。

器のデカイ土田晃之の嫁

 器の大きさでいえば、土田晃之の嫁もそうとうなものだ。いわく「アンタが売れなくなったらワタシが働いて面倒見てあげる」、「芸人と結婚したんだからそのくらいの覚悟はあるわよ」など、芸人からしたら(芸人じゃなくても)頼もしいことこの上ない。
 さらに、接待の場でお偉いさんにビールを散々注がされるハメになったことをグチった土田に向かって放った一言。
「そんなことする必要ない。ビールなんか注がなくていい。そんなことしたらアンタのよさがなくなっちゃう。ビールを注がないくらいで仕事がなくなるなら大した世界じゃない」
 思わず、「大きい!」と声をかけたくなるような言葉。こういう嫁に支えられているからこそ、土田は安心して芸に打ち込める環境なんだろう。芸人で一、二を争う子沢山で、しかも愛妻家で知られる土田の素顔に納得できるエピソードだ。

>>>中編へつづく

(文・編集部)

オススメコミック:『まんが お笑い芸人のタブー教えます』(コアコミックス 370) [コミック]

あわせて読みたい

気になるキーワード

ブッチNEWSの記事をもっと見る 2014年3月2日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「AV女優」のニュース

次に読みたい関連記事「AV女優」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「芸人」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら