《前編》落ち目芸能人が群がるパチンコ営業という仕事

《前編》落ち目芸能人が群がるパチンコ営業という仕事
Openclipartより(gnokii)Lucky Seven
梅宮アンナの一言で解禁

 近年のパチンコ業界はエンターテイメント化が加速している。まるでデパートのように景品を揃え、カップル用のラブチェアーやお洒落なカフェスペースを用意し、郊外型店舗ではリラックスルームで漫画も読める。もはやパチンコ店は家族やデート向けのアミューズメント施設に変貌しつつあるのだ。
 外出中にトイレ目当てだけに大手チェーンのパチンコ店に入る人も多いだろう。当然ウォシュレットは完備され、ホテル並みに清潔だからだ。タバコの匂いを消すエアシャワーにマウスウォッシュも備え、託児所設置の店すら今や珍しくない。不景気のせいで空いたテレビのCM枠も、ずいぶんパチンコ関連のスポンサーで占められるようになった。
 さらなる業界イメージアップのため、以前にも増して芸能人を営業に起用するようになってきている。

 パチンコ屋の営業と聞くと、落ちぶれた芸能人の行き着く先と思われがちだが、それがどうして、今では千昌夫や松本伊代ら名の知れた芸能人が多数登板している。
 2007年から全国のパチンコ店を回るイベントに出演している梅宮アンナが「ぶっちゃけギャラはいいですよ」と週刊誌に明かしたことで、それまで「禁断の営業」と呼ばれていたパチンコ営業が、オープンとなったという。
 今ではその父の梅宮辰夫も常連。彼や松方弘樹クラスになると、ギャラも1本200万円を下らないらしい。彼らをはじめ京本政樹らはパチンコ台のキャラクターにもなっており、当初は宣伝の意味合いもあったのだろうが、その後もすっかり味をしめた様子だ。松方は2011年4月に都内で行われた息子で俳優の仁科克基結婚披露宴を欠席し、その代わりに東京・高島平のホールで営業していたという。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ブッチNEWSの記事をもっと見る 2014年3月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「中川翔子」のニュース

次に読みたい関連記事「中川翔子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。