《中編》NHK朝ドラヒロインの数奇な運命

>>>前編より

誰よりも壮絶な幼少期

『すずらん』(1999年)でヒロインを演じた遠野なぎこの人生は、まさに壮絶。2013年に発売された遠野の自叙伝『一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ』(ブックマン社)によると、遠野は子役として活動していた幼少期より、母親に虐待されて育った。
 母親は小学校高学年になった遠野に、再婚相手の男と風呂に入らせたり、「お前は醜い」と言い続けるなどの虐待を繰り返した。そして15歳で出演したドラマ『未成年』(TBS)で過激なキスシーンを体験したことで精神を病んでしまい3年間女優を休業。
 復帰後に初主演したのが『すずらん』だった。あまりに過酷な幼少期だったため、「作り話では?」という声も聞かれるが、『ミヤネ屋』(読売テレビ)に生出演した際にある出来事が起きた。母親のことを語っているうちに、首の辺りに見る見る赤いじんましんが出来てしまったが、母親の話が終わるとスーッと消えていったのだ。このことから壮絶な幼少期は実話と考えられていて、じんましんは心因性のものと思われている。

さらに荒んだ私生活に

 ここまででも壮絶すぎる生き様だが、遠野はさらにここから「七股交際」「2ヶ月でスピード離婚」「番組で泥酔」など、より過激な人生を歩んでいく。
 バラエティー番組『私の何がイケないの?』(TBS)では、「サラダに唐辛子を2本かける」「休日は1日中お酒を飲んでいる」などの異常な食生活が明らかになり、人間ドックを受診。「余命7年」の診断を受ける。司会の江角マキコから「もっと自分を大切にしないと」と心配されるも、「別にやり残したこともない」とまったく気にもしない様子だった。
 ところが飼い猫の寿命がまだ8年以上あることを知ると、突然真顔になり「猫たちより早く死んでしまったら誰が世話をするんだろう。猫のためにも長生きしなきゃ」と、生活改善を決めたようだった。
 現在、遠野はドラマやバラエティー番組に出演しつつ、ブログで自身と同じく精神的な悩みを抱えた人たちの相談に乗っている。遠野のブログは多い日には1日62万アクセスを記録したこともあり、悩みを持つ人たちから支持されているようだ。

>>>後編へつづく

(文・編集部)

オススメCD:『朝ドラ50years ~NHK連続テレビ小説放送開始50周年テーマ音楽集~ 2002-2011』 [Soundtrack](ソニー・ミュージックダイレクト)
オススメコミック:『まんが有名人あの人は今!実録消息不明スター大捜査SP』 (コアコミックス 375) [コミック]

当時の記事を読む

ブッチNEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「朝ドラ」に関する記事

「朝ドラ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「朝ドラ」の記事

次に読みたい「朝ドラ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 朝ドラ まんぷく

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。