前編:雰囲気で面白いということになっている芸人ランキング

前編:雰囲気で面白いということになっている芸人ランキング
拡大する(全1枚)
漫道コバヤシ 巻三(フジテレビ)

 人を笑わせることを生業とする芸人。それゆえ、芸人の面白さは厳しくジャッジされるべきだ。しかし、芸能界にはあまり面白くないのに、なぜかつまらないというレッテルを貼られず、生きながらえる芸人がかなりいる。ここではそんな「あまり面白く感じられないのに雰囲気で面白いことになっている」芸人に、しっかりと視聴者目線で指摘していきたい。

5位 ケンドーコバヤシ
至上稀に見る媚び売り芸人。韓流ブームだと見るやK-POPファンに媚びを売り、アイドルブームだと見るやアイドルオタクに媚びを売り、吉本の先輩芸人に媚びを売る。
しかし、本質が媚び売りにあるため、軸はブレブレでネタは薄い。笑いに信念やポリシーなどは見えず、見る価値を感じる芸を創造できていない。また得意とされている下ネタもヒネリがなく、クスリと笑えるようなものに昇華する友近の方が数段上かもしれない。

4位 カンニング竹山
(面白いのに)つまらないとレッテルを貼られてしまった狩野英孝レイザーラモンRGを見下すような言動が散見されるが、今の竹山が彼らより厳しい状態なのは明らか。有吉弘行も、「竹山さんで笑ったことはない」と明言している(ちなみにこれを直接言われた時に、竹山は当然面白い返しができなかった)。
昔は面白かったけど今は落ち着きました的な雰囲気を醸し出しているが、そもそも思い出してほしい。竹山のかつてのキレ芸やトークはどうだっただろうか? ルックスも清潔とはいえない。
トークで笑いをとれないのなら、キモキャラを全面に押し出してみてはと思うのだが、彼の高いプライドがそれを許さないだろう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ケンドーコバヤシのプロフィールを見る
ブッチNEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ケンドーコバヤシ」に関する記事

「ケンドーコバヤシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ケンドーコバヤシ」の記事

次に読みたい「ケンドーコバヤシ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク