実はキケンな職業!? アイドル過酷事件簿・その1

 年端もいかぬ現役アイドルが、意識不明の重体に陥るという痛ましい事故が、今年1月に起こった。
 テレビ朝日『3B juniorの星くず商事』の収録中で、人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の妹分として目下売り出し中の「3B junior(スリー・ビー・ジュニア)」のメンバー(12歳)が、パーティーグッズのヘリウムガスを吸引し、直後に意識を失ったのだ。緊急搬送された都内病院によると、失神の原因は、ヘリウムガスを一気に吸ったことによる「脳空気塞栓(そくせん)症」。脳の血管に空気が詰まり、血流が妨げられたのだ。
 この事件をきっかけに、所属事務所もテレビ局も安全管理を見直すことになった。しかし、過去にもアイドルの事故は何度も起きている。

アイドル過酷事件簿・その1
セメント、骨折、一酸化炭素中毒…

 群雄割拠のアイドル業界。各アイドルは、さまざまな方法でライバルたちとの差別化を図っている。
「例えば、ももいろクローバーZは、体を張った派手な動きやエンタメ色の強いパフォーマンスが売りのひとつであり、妹分の3B juniorにもその傾向があります。もちろん、売り出すための方策としては理解できますが、彼女たちは芸人でもアスリートでもないということを忘れてはいけません」(アイドルライター)
 2014年4月には、ももクロの佐々木彩夏が関西テレビ『ミュージャック』収録中に転倒し、左足関節を骨折。全治2ヵ月の診断を受けている。(編注:本人は2014年明けにも自宅でけがをしている)。客観的に見るとわずか1年足らずの間に、姉妹グループが(性質は異なるものの)立て続けに事故を起こしているのだから、単に局側の安全管理だけが問題だったとは考えづらい。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ブッチNEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク