NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』が楽しみすぎる理由

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』が楽しみすぎる理由
大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 [Soundtrack](SMJ)
岡田准一演じる官兵衛が「軍師」になった瞬間

 NHK大河ドラマ軍師官兵衛』の視聴率がグングン上がっています。
 当初、低視聴率が話題となり、5月4日放送回にいたっては、12.3%という過去最低の数字。それが7月13日放送回の「本能寺の変」では17.5%。そして翌週7月20日放送回の「天下の秘策」では初回視聴率すら上回る19.4%を記録しました。なぜか?
 それは……メチャクチャ面白いからなんです! いや~、僕はもう毎週『軍師官兵衛』を観るために一週間を過ごしている、と言っても過言ではないくらいハマっております。では、最初からそこまで面白かったかっていうと、全然そんなことはありません。最初の方の回はエピソードもそんなに面白くないし、官兵衛を演じる岡田准一がそんなに軍師っぽい雰囲気じゃないし(若い頃だから当たり前なんですけど)、まあ正直言って惰性で観ていた感じです。
 ところが、官兵衛が荒木村重に幽閉され、そこから解放されて髭面になってから、あら不思議。単なる若造に見えていた岡田准一演じる官兵衛がすっかり軍師っぽい風格をまとってしまいました。ビジュアルだけじゃなく、それまで「秀吉様~!」って無邪気に言ってた頃とは打って変わって、腹に一物抱えた策士っぽい雰囲気に様変わりしちゃってるんです。まんまとNHKと岡田准一の思うツボですよ。でも、全然思うツボで結構! だって面白いんですもん。

 さて、視聴率がググっと上がった「本能寺の変」と「天下の秘策」の2話。この2話は様変わりした官兵衛の独壇場となったのですが、まず「本能寺の変」。織田信長が明智光秀の謀反によって死んだ、という報を受けた官兵衛。動揺しつつも、思案の末、秀吉にその報を伝えます。官兵衛同様、敬愛する信長の死に動揺し泣き崩れる秀吉に官兵衛は言います。
殿のご運が開けたのですぞ」
 このセリフをニヤリとしながら言い放つ官兵衛。かっこ良すぎて、ゾクゾクして、何度も何度も観直しました(僕はゲイではありません)。このセリフを言いたいがために、岡田准一は官兵衛役を受けたと言われていますが、もうグッジョブ!です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡田准一 ひらパー兄さん
  2. 岡田准一 ドラマ
  3. 岡田准一 宮崎あおい
岡田准一のプロフィールを見る
ブッチNEWSの記事をもっと見る 2014年7月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「岡田准一 + ドラマ」のおすすめ記事

「岡田准一 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山田涼介」のニュース

次に読みたい関連記事「山田涼介」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら