EVIL選手と人生のキャラ変更:鈴木詩子連載89

EVIL選手と人生のキャラ変更:鈴木詩子連載89
拡大する(全1枚)
(C)SHIIKO SUZUKI 2015

ため息が全部お金になったらいいのに…

鈴木詩子の「私が出会ったウンザリ女」

第89回「EVIL選手と人生のキャラ変更」

 先日、主婦のJちゃんとお茶した時の事です。

「詩子のその待ち受け…何なの? タロットカードの悪魔みたいな…」
「ふふ…これは、この間…内藤哲也選手のパレハ(仲間)としてロス・インゴブレナブレス・デ・ハポンに加入した、米国無期限武者修行からから帰って来たばかりの渡辺高章選手ことキングオブダークネスEVIL選手だよ」
「あぁ、悪役レスラーなんだ?」
「一応〝ロス・インゴベルナブレス〟は、スペイン語で『コントロール不能なヤツら』って意味でヒールでもベビーフェイスでもないっていうスタンスらしいけどね。私はまだプロレスファンになって日が浅いから、EVIL選手がヤングライオンだった頃の事とか殆ど知らないんだけど『中西ランド』(日テレ動画でやっている中西学選手がMCのプロレスバラエティー番組)の最初のほうに出ていたのを思い出して見返してみたら…全然こんな感じじゃなくて一生懸命な可愛らしい男の子でね」
「か、可愛らしい男の子…? こんなに目の下真っ黒のイカツい髭の男が?」
「いや~凄い豹変ぶりなんだよ! この間ね…後楽園ホールで初めて試合している所を観たんだけど、もう入場する時も黒マントで大きなカマを持って手からレーザー光線を出したり…戦いっぷりも、相手にやられている姿も何だか、ふてぶてしくてかっこいいんだよね! も~興奮して、いっぱい写真撮っちゃったよ」
「え~! わざわざ、こんな恐ろしい風貌にしないで可愛らしい男の子のまま頑張った方が人気出るんじゃないの?」
「いやいや、あの可愛らしい男の子が孤独に知らない土地で武者修行しながら色々な経験を積んで、考え抜いた末に出来上がったのが、このEVILというスタイルなんだと思うと感慨深くない?どうやってここにに辿り着いたのか妄想するのが楽しくて仕方ないよ」
「ちょっと待って、これって自分で考えてやってるの?会社の人から『はい、君は今日からヒールね』って新しいコスチュームわたされたりするんじゃなくて?」
「私も詳しくは知らないんだけど『プロレスラーは、みんな自己プロデュース』って聞いた事があるし、そうだと信じているよ」
「え~自分で決めていいんだったら、やっぱり可愛がられるキャラの方が絶対に得じゃない? 私だったら、そうするな~」
「それは、得な面もあるだろうけど…だからってヒールの選手の方が損って事も無いと思うよ。自由に振る舞えて表現の幅が広いというか…まぁ、どっちにしても本人の魅力を発揮出来ればいいよね! あぁ私もキャラ変更して突然、極悪ヒールになってみたいな~! トーレードマークになるような凶器をブン回して大暴れ! お客さんからキャーキャー言われたい~」
「も~極悪ヒールになんかなってどうするの? そんな現実味の無い事考えてないで、頼むからとっとと結婚して人妻キャラにでもなって落ち着いてよ! もしかしたら、結婚した方が詩子自身の魅力を発揮出来て漫画も売れるかもしれないし」
「はっ! なるほどね…いつか、そんなキャラ変更出来る日が来るのかな…」
「えっ…ちょっとなに涙目になってるの?もう、落ち込んでる時間なんて無いんだよ! 一刻も早くキャラ変更出来るようになんとかしなよ!!」
「うっ…」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ブッチNEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク