「新・牡丹と薔薇」今回も、名ゼリフ&珍エピソードの数々に期待!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載79

エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第79回 今回も、名ゼリフ&珍エピソードの数々に期待! 「新・牡丹と薔薇」

 みなさんはご存知かしら。来年3月をもって、フジテレビが「ごきげんよう」と東海テレビ制作の昼ドラ枠を廃止する、というニュースを……。2009年にTBS系の「花王 愛の劇場」が終了し、その後、テレビ東京系の昼ドラもわずか4作で終了し、東海テレビ制作の昼ドラが最後の砦だったのに……何とも残念だわ。

 そんなわけで、「もう終わりだし、どでかい花火打ち上げたれッ」とでも思ったのか、東海テレビがラス前にもってきたのが、今週月曜日から放送を開始した「新・牡丹と薔薇」。
 これは、言わずと知れた大ヒット作「牡丹と薔薇」(2004年放送)のリメイク(とはいえ、話の内容はまったく違う)で、脚本は前作同様、中島丈博先生。
 中島先生は大河ドラマを4作も手がけられた大ベテランでありながら、昼ドラでは「牡丹と薔薇」のほか、「真珠夫人」「非婚同盟」「赤い糸の女」といった名作(もしくは迷作)を書かれてきたお方。そのぶっ飛んだ世界観は、アタシ含め、数多くのオカマたちを魅了してきたわ。

 先生の昼ドラの特徴はまず、登場人物全員が「どうかしている」点にあるの。
 ヒロインはたいてい、ちょっと変わった家庭で育っていて(父親に愛人がいるとか、父親の前妻がやたらいばっているとか)、真面目そうに見えるけど、異様に鈍かったり図々しかったりするの。そして、ヒロインの周囲には必ず狂気全開な登場人物がいて、最初は比較的まともそうに見えた人も、たいてい途中で嫉妬に狂っておかしくなり、妙な手料理(たわしコロッケとか)を夫に食わせたり人を殺しちまったりするのよね。
 ハッ。あれは「人間にはいろんな面があり、どんな人にも必ず異常な部分はある」という、中島先生なりのメッセージなのかしら……。


この記事の画像

「「新・牡丹と薔薇」今回も、名ゼリフ&珍エピソードの数々に期待!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載79」の画像1 「「新・牡丹と薔薇」今回も、名ゼリフ&珍エピソードの数々に期待!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載79」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ブッチNEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク