素人いじりは度を越した内容へ

 最近一般視聴者や店舗経営者に失礼なことを言うのを専門とした番組が増えている。
 まずはテレビ朝日『聞きにくいことを聞く』。

タカアンドトシサンドウィッチマンが取材先で聞きづらい(失礼にあたる)ことを聞く」のがテーマだが、問題は質問の内容よりも、毎回人気のないテーマ1つが本放送でのお蔵入りにされること。(※申し訳程度にネットで公開)そのため、有名店を取材しようが何しようが、タレントのプレゼンが悪ければ取材先はお蔵入りになるので、協力店にはパブリシティ効果が一切期待できないのだ。以前もトシが高級飲食店に取材したものがまるまる放映されなかったことがある。しかし深夜番組だった時は(元々の番組効果に期待していないということで)大きな問題は起こらなかったようだが、直近ではゴールデン特番も放映されており、現状スタイルの「1本お蔵」がメジャー時間帯で続いていくのであれば、トラブルが起きないほうがおかしい。今後が心配な番組だ。

 企画としては面白いのだが、一方でお店側から見れば究極の失礼を言う番組もある。

テレビ東京『客のいない店』シリーズがそれだが、まず取材する時に番組名を先に言わず、店に入ったあとから店主に「客のいない店…」と伝えてイヤな顔をするのを撮るという悪趣味な演出が鼻につく。取材に安藤美姫が行けば(世界的な人がこんな店に…)というので多少のヒドイセリフも許されるものの、普通のディレクターがズカズカと入り込んで同じ行為をするのは極めて失礼。この「半分ダマシ」的なアポ手法、ヤラセなのかもしれない、いや事前アポと企画書渡してあってのヤラセであって欲しいのだが…。

マジでの騙し企画もある!

 当サイトの独自取材によれば、某キー局深夜情報番組からのスピンオフ番組『S』で実際にリアルな素人騙し企画も見られた。実際の番組名はあえて書かないが、被害者によれば
「(無理な企画を実現するため)スタッフは本当は別番組なのに『深夜の高視聴率番組』の名をあげてアポイントを取り、取材予定テーマも予定と実際のロケがまったく違った内容で、ましてや放映番組も違う。協力者を困らせる内容だった」(取材された人)
と、取材からだいぶ経過しているにもかかわらず怒り心頭の様子。

夏以降番組『S』は他にもクレームがあったのか数字が取れなかったのか作られていないが、ヘタすればそのような騙し企画は、素人に心の傷を負わせかねない。
 テレビバラエティの製作者は予算削減のためタレント以外をイジることが多くなっているが、一般人やお店にはもう少し誠意あるアポイントを取らないと、テレビの終わりがますます近くなるばかりだ。

(文・楠尾 袋)イラスト:hasenonkel / 123RF