googleCM「はての浜はどこ」でわかった謎のナワバリ

googleCM「はての浜はどこ」でわかった謎のナワバリ
拡大する(全1枚)
ハテの浜(撮影:編集部)
はての浜のハテに行くには特定業者を利用することが必要

 現在googleが流している検索 「OK,Google!」のCMの中盤に出てくる「はての浜はどこ」。国内とは思えない、砂浜だけが果てまで続く、きれいな島が映っている。記者は、その「はての浜」はどこかということで、あえて実際に行ってきた。

 はての浜とは、沖縄にある離島・久米島沖にある砂洲だけでできた3つの無人島の総称だ。実際にはその3島において、ツアーで入り込める業者が違うという謎のナワバリが存在するようだ。
ハテの浜には「前の(メーヌ)浜・中の(ナカノ)浜・ハテの(ハテノ)浜(別名通称:奥の浜)」がある。手前から順番に久米島から遠くなる。
 浜自体は、沖縄本島から飛行機で35分ほどの久米島からツアー船で20分ほど。3浜、さほどどの浜でも変わらない。砂と青い海しかないため確かに絶景で、日本にいながら海外に来たような気分にもなる。より景観のよい果てを目指すと当然一番奥にあるハテノ浜に上陸したくなるわけだが、そちらはなぜか特定の業者だけが独占してツアーを行っているので、何かモヤモヤとするものが残った。(一般の業者の多くは手前のナカノ浜へ上陸)。これはどういうことなのだろうか。

 有識者によれば島の観光において、特定社が仕切ることはよくあることだとはいう。例えば海外のサイパンにあるリゾート系の小島・マニャガハ島は特定ツアー業者T社が売店や入島料など、島自体を取り仕切っている(他の業者も上陸は出来るが、T社経由のほうが島内でのアクティビティが割安)。


当時の記事を読む

ブッチNEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月9日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。