前編:ポイポイされて消えたあやまんJAPAN

前編:ポイポイされて消えたあやまんJAPAN
ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(DVD付)(日本コロムビア)/あやまんJAPAN
あやまんJAPANを見出したのはおぎやはぎだった

 一体、彼女たちはなんだったのか……。
 2010~11年にひたすらにノリだけを追求したような、宴会芸に限りなく近いお下劣パフォーマンスが注目された、「あやまんJAPAN」のことである(ちなみにすっかりテレビで見なくなったが、同グループはいまも存在し独自の活動を続けている)。

 その存在が注目されはじめたのは、2010年の1月。フジ『とんねるずのみなさんのおかげでした』の新企画「博士と助手 安すぎて伝わらない素人芸選手権」に、おぎやはぎの矢作兼の推薦で出場。すでにほぼ完成されていた“ポイポイ芸”でとんねるずやバナナマンたちを大喜びさせ、優勝をかっさらったのである。
「人気芸人たちに大ウケしたことにより彼女たちは一気に注目度を高めていき、パフォーマンスの中で連呼する“ニンニンニン、ニンニンニン”などのコールはすぐに女子中高生の間に広まり、着ボイスも異例のダウンロード数を記録することとなりました」(放送作家
 そして同年の12月、満を持してデビューシングル『ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー』を発売するや、その勢いはさらに加速。

オリラジ藤森とのユニットで大ヒット

「本来、毎日のように夜の街に繰り出しては“試合”と呼ばれるコンパに参加し、その場を盛り上げることを目的とした集団で、その構成メンバーはテレビに出ないメンバーを含めると、全員で100人を超えるともいわれています。しかも“試合”では一切の報酬を受け取らないという、謎の活動を行なっているということも、世間が彼女たちをより身近な存在としてとらえることとなった一因でしょう」(前同)
 2011年の3月には、東日本大震災が発生し日本中が沈痛な空気に覆われてしまったが、
「ひたすらノー天気な彼女たちの姿は当初、不謹慎とバッシングされるかとも思われましたが、むしろその明るい無邪気さによって、理屈抜きの笑いを提供したことになったのでしょう。その人気はさらに本格化し、バラエティ番組に引っ張りだことなっていきましたね」(前同)
 さらに大きかったのは当時“チャラ男”で再ブレイクを果たしていた、オリエンタルラジオの藤森慎吾とのコラボレーションが、見事にハマったことだろう。
「2011年の夏にシングル『夏あげモーション』を発売し、藤森人気とともにテレビ出演も激増。すっかりお茶の間の顔として定着してしまいました。結局この年の新語流行語大賞には、あやまんの“あげぽよ”と藤森の“君、きゃわゆいネェ”の2つがノミネートされることになりましたね」(芸能記者)

>>>後編へつづく

(文・編集部)

オススメCD:ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(DVD付)(日本コロムビア)/あやまんJAPAN

あわせて読みたい

ブッチNEWSの記事をもっと見る 2014年8月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「おぎやはぎ + ラジオ」のおすすめ記事

「おぎやはぎ + ラジオ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松本人志」のニュース

次に読みたい関連記事「松本人志」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。