ユニット部という自由で夢のシステム:「南にこの千葉からアイドル革命!」連載3

ユニット部という自由で夢のシステム:「南にこの千葉からアイドル革命!」連載3
ユニット部 2018.3.28撮影

南にこの千葉からアイドル革命!

第3回 ユニット部という自由で夢のシステム

 こんにちは! 『あいどるかふぇ 2ねん8くみ千葉校』生徒会長で、アイドルユニット『Asterisk』の南にこです!
 今回のテーマは、「アイドルたちが・自分たちだけの意志で・自由に楽曲や衣装を決めれるシステム」についてです。アイドル活動って、やっぱり絶対、「運営」が存在しているわけで、アイドルの女の子たちが「こんな曲をやりたい!」「こういう衣装が着たい!」って主張しても、それがそのまま叶うなんてことは、まぁ普通はありえないじゃないですか。でもね、『2ねん8くみ千葉校』ではアイドルカフェっていう利点を目一杯生かして、それを実現させてるんです。それが『ユニット部』とうちの店で名付けているシステムなんですよ。『ユニット部』はお店の生徒(うちの店ではキャストの子を〝生徒〟と呼んでいます)たちが、運営さん抜きで、すべて自分たちの意志でユニットを結成できる、いわば「店内部活動」なんです。

最初はゆめかわいいをやりたいことから始まって

 この『ユニット部』、実際にお店で始めたのは、私と陽向あいみなんです。私たち二人は『Asterisk』という、正規のユニットの初代からのメンバーなんですが、Asteriskのコンセプトってわりと〝カッコいい系〟なんですよね。でもよく二人で「ひたすらかわいい系のアイドルもやってみたいよね~」って話してて、二人で自主的に「milky」ってユニットを組んで、ゆるふわ系の衣装を自分たちで買ってきてリメイクもして、お店のショートステージでやったんですよ。曲は声優ユニット「ゆいかおり」さんの『PUPPY LOVE』や、あと「プリキュア」とか「アイカツ」とかの女児系アニソンとかね。〝ゆめかわいい〟がテーマで、最初から最後まで徹底して可愛くふわふわでいくっていう……。
これは、いわば正規の活動であるAsteriskではなかなかできないことで、でも自分たちの中ではすっごくやりたかったことで、だったら自分たちで全部作って、わりと自由がきくお店のステージでやっちゃおうってやったんですよね。そうしたらその自然発生したユニット『milky』がお客さんにも大ウケで、さらに店の生徒の子たちにも凄く刺激になっちゃったんですね。「私たちもやりたい!」って。
それで『ユニット部』っていうシステムを店全体で正式にやることになっていったんです。生徒が生徒たちだけでユニットのすべてを決めれて、発表できるシステム。今では毎月18日と28日が「ユニット部ライブ」の日で、お店もすぐに満席になってしまう人気企画になりました。

...続きを読む

あわせて読みたい

ブッチNEWSの記事をもっと見る 2018年4月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。