前編:グランプリを獲得して消えたアイドルたち

前編:グランプリを獲得して消えたアイドルたち
Flower Soul(ポリドール)/上原さくら+東京ミュージックサロン
先輩にも後輩にもダメ出しした西端さおり

 日本一歴史の長い“アイドルのコンテスト”といえばタレントスカウトキャラバン。1976年の第1回(グランプリは榊原郁恵)以来、今年で39年目を迎え、時代を彩る多くの人気アイドルを輩出してきたわけだが、一方で残念ながらグランプリ獲得者による不祥事が多いのは知る人ぞ知る話。ここでは華々しくデビューしたものの、フェードアウトしたアイドルを追っていきたい。
 まずは第2回グランプリの西村まゆ子。恐らくこの名前を憶えている者はよほどのアイドル通と思われるが、事務所の寮を抜け出し、竹の子族と一緒に踊っているのがバレて、早々に解雇。第2回目にしてこの失態を演じてしまったのだ。
 素行不良で解雇といえば、第14回(1989年)グランプリの田中陽子もしかり。遅刻やドタキャンなど、デビュー早々仕事現場でのトラブルが続出。原因はカレシに夢中になっていたからというもありわずか2年あまりで解雇。
 男絡みの騒動といえば、第21回ピュアガール賞の大森玲子もそう。人気上昇しだした2003年に、イカついヤンキー男とのラブラブキス写真が流出。ピュアの肩書きは剥奪され、翌年解雇された。態度の悪さでは第24回グランプリの西端さおりも負けていない。デビュー早々「(事務所の先輩の)和田アキ子を超えると発言」と報じられてしまったのを始め(実際は、大げさに書かれたというのが真相だが)、さまぁ~ずのトークにダメ出ししたり、後輩の綾瀬はるかに向かって「いつも汗かきすぎ! 少しは痩せて!」と言い放つなど、傍若無人ぶりを随所に発揮。あまりの言動の悪さにファンからも見放され、気がつけばフェードアウトしていた。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ブッチNEWSの記事をもっと見る 2014年11月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「伊東四朗」のニュース

次に読みたい関連記事「伊東四朗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大東俊介」のニュース

次に読みたい関連記事「大東俊介」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「木南晴夏」のニュース

次に読みたい関連記事「木南晴夏」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。