日米野球に隠された恐るべきアメリカの策略

日米野球に隠された恐るべきアメリカの策略
エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(写真はイメージです)
野球に紛れ込んでいたアメリカのスパイ

 11月12日に開幕する日米野球。メジャーリーグのスター選手のプレーや、日本人選手の実力がどこまで通用するかなど、野球ファンなら見逃せない戦いだ。
 日米野球は1908年に始まった歴史ある祭典。その後、太平洋戦争による休止期間を経て、1949年に再開して今に至る。
 現在は日米間の実力は拮抗してきたが、当時はアメリカが日本と対戦するメリットはほとんどなかった。なぜアメリカはわざわざ野球をしに日本にきたのだろうか。

 この疑問を晴らす解答は1934年の日米野球にある。
 この時のアメリカは、ベーブ・ルースやルー・ゲーリックなどそうそうたる面子をそろえて来日した。しかしこの中に1人だけ格落ちとも言える選手が混じっていた。それが、モーリス・モー・バーグというキャッチャーだ。バーグは数試合に出場した後、突然行方がわからなくなり、帰国していたことが判明する。彼がなぜオールアメリカンチームに選ばれたのか、日本人はみな疑問に思ったという。
 その後、時は流れ第二次世界大戦へと突入する。アメリカは日本に東京大空襲をしかけることになるのだが、その時に地図として使われたのが、バーグの撮った東京の写真だったのだ。そう、バーグは野球選手ではなく、スパイとして日本にやってきていたのだ……。

 今年の日米野球も、マリナーズの岩隈久志やカブスの和田毅などの日本人メジャーリーガーが来日し、日米友好の側面が年々強くなってきている。しかし、昔は日米の政治的思惑があったと知れば、今年の日米野球をより楽しめるかも。

(文・角刈りハーブティー)

あわせて読みたい

ブッチNEWSの記事をもっと見る 2014年11月8日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら