飲んでがっかり!? ボジョレー・ヌーボーってそもそも何なの?

飲んでがっかり!? ボジョレー・ヌーボーってそもそも何なの?
(C)jennyb79 / 123RF.com
ボジョレー・ヌーボーってなに?

 今年のボジョレー・ヌーボー解禁日は11月20日(木)だった。解禁日は、毎年11月第3木曜日と決められている。当初は11月15日だったのだが、日付固定だと休日になってしまう(業者が休みで困る)年があるため、1984年から現在のように改められたという経緯がある。
 毎年盛大に売り出されるため美味しいのかと思いきや、飲んでみてがっかりしたという経験をお持ちの方は多いのではないだろうか。しかし、そのがっかりは早トチリした飲み手側が悪い。そもそもボジョレー・ヌーボーとは味わうワインではないのだ。
 ボジョレー・ヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方ボジョレー地区で作られるワイン(ボジョレー)の新酒(ヌーボー)である。シャンパンやスコッチと同じように、特定の地域で作られたお酒というものだ。なので、一口にボジョレーと言ってもメーカーの数だけ種類がある。サントリーが正規代理店のジョルジュ・デュブッフは「ボジョレーの帝王」と呼ばれていて有名だ。その新酒であるボジョレー・ヌーボーは、その年に収穫されたぶどうの出来を確認するための試飲酒で、炭酸ガスを注入する急速発酵技術を用いて数週間で醸造される。そのため、深味のない軽い感じの味になるようだ。ワインメーカーやぶどう農家がその年の収穫を祝ったり、販売業者がその年の購入量を決める目安にしたりというのが、ボジョレー・ヌーボーの本来の飲まれ方なのだ。
 どうやら、一般人がこれほどボジョレー・ヌーボーを飲む国は日本だけらしい。2007年のデータによると、なんとボジョレー・ヌーボーの46%は日本が輸入しているのだ。約半分である。日本人の年間ワイン消費量は2リットルだが、ヨーロッパの国では少なくて20リットル以上、消費の多いイタリアは48リットルだ。日本の10~20倍のワインを飲んでいる国々が多数あるにも関わらず、ボジョレー・ヌーボーの輸入量においては日本が圧倒的に他国を上回っている。日本人は何かとイベント好きなため恒例化したのだと思わるが、海外から見たら「なぜそんなものを好き好んで飲んでるんだ?」と笑われる事態かもしれない。


あわせて読みたい

ブッチNEWSの記事をもっと見る 2014年11月23日のライフスタイル記事
「飲んでがっかり!? ボジョレー・ヌーボーってそもそも何なの?」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    美味しいボジョレー飲んだことのない人の記事だなぁ

    16
  • 匿名さん 通報

    ボジョレが美味しいとはとても思えない。飲まなくなって久しい。熟成した方が丸みがあって飲みやすい。

    9
  • 匿名さん 通報

    あれが美味しいとか言ってる奴の舌なら、何でも美味いんだろうなぁ

    8
  • 匿名さん 通報

    なんでも飛びつくバカの多い事w

    5
  • 匿名さん 通報

    ボジョレ・ヌーヴォーでも美味しいのは美味しい。美味しくないのは美味しくない。 ただそれだけの事。 ボジョレ・ヌーヴォー=美味しくない 一括りでしか考えないのが不思議・・・。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。