仰天発言連発の天然っぷりに注目

 タレントの美馬怜子(みまりょうこ)と言えば、世間では知性派にしてしっかり者のお天気キャスターの印象や、グラビアで見せるトランジスタグラマーなボディのイメージが強いはず。いわゆる“才色兼備”という認識が大勢を占めていると思われるが、実際の彼女はそういったイメージとはまるで違ったタイプというのをご存じだろうか。


「才の部分で言うと、彼女、パソコンがまったく使えないんです。某番組で“映画の情報サイトに登録してみよう”ってなった際も、通常は1分もあれば終了するはずが、一本指打ちで15分以上かかっていましたから。いまどき、キャスターでパソコンを使えないのは彼女ぐらいじゃないでしょうかね」(放送作家)

 さらにはこんな話も。
「好きな食べ物はキノコとスッポンと公言。キノコと亀って出来過ぎな感じもありますが、本人にとってはいたって本気のようで……。ただ、キノコについては番組で『形が好き!』と話したこともあり、ああ見えて、下ネタトークがOKなのは確実。

またカラオケの話では、『振りつけカラオケが得意。♪セーラー服を、脱がさないで~』と歌い出し、あまりに古い選曲に番組スタッフ一同爆笑になりました」(芸能ライター)
 先日出演した番組では唐突に「中高の頃はマンガ家志望だった」とカミングアウト。さらには「実家の電話、最近まで黒電話だったんです」と打ち明けるなど、なんともユニークな発言が多いのだ。その特異な天然ぶりで大化けする日も近いかも!?

(文・三橋りの)