喫煙解雇、デキ婚、流出…モー娘。事件簿

 アイドルブームの時流にのり、再び上昇の兆しを見せているモーニング娘。

。しかし一時期は完全に終わったタレントとして認識されていた。その凋落の象徴として挙げられるのが2008年の紅白落選である。10年間続いた連続出場が途絶え、その後AKBが躍進したことでテレビから消えたのは周知の通りだ。
 しかしアイドル政権交代は突然起こったわけではない。AKBのブレイク前夜である2007年、呪われたかのような不幸がハロー!プロジェクトに降り続いていたのである。

 まず2007年の幕開けはあまりに悲しいニュースから始まった。世間の正月気分が冷めやらぬ1月11日に、吉澤ひとみの実弟が16歳の若さで交通事故で逝去。
 吉澤は自分のラジオ番組などでも弟のエピソードを度々紹介するなどしており、弟を溺愛していたことはファンの間では有名だった。訃報を聞いた後は会話ができないほど泣き崩れ、ひどく落ち込んでいたという。

 また2006年1月末に発覚した喫煙問題で謹慎中だった加護亜依は、2月23日に18歳年上でカフェのオーナーと草津温泉での1泊旅行を週刊誌にスクープされてしまった。このとき、帰京する車の助手席で加護が喫煙したとも報じられ、さすがに2回目ということで事務所側が解雇した。

その後も加護亜依はジャズシンガーとしてNYでライブをしたり、B級官能映画に出演するなど迷走を続けている。
 加護とともに「W(ダブルユー)」のメンバーだった辻希美は4月26日、GWに行われるはずだった舞台「何日君再来」を急性胃腸炎のため緊急降板。4月24日にはギャル曽根、時東ぁみとともに新ユニット「ギャルル」を結成したばかりだったが、その直後に上記の理由によりすぐに脱退(代役は安倍麻美)。その後の5月8日に妊娠9週目であると報道され、俳優の杉浦太陽とのデキちゃった婚を発表した。胃腸炎というのは嘘だったことも今では広く知られている。

 そして5月14日には矢口真里のmixi日記が発見され、マイミクからプライベートの交流関係が次々と暴露された。

その中では「サンSUN」の名前でmixiをやっていた杉浦太陽との関係が明らかになり、辻に杉浦を紹介したのは矢口ではとファンから疑われた。
 この他も矢口はジャニーズJr.や歌舞伎町のホストクラブ「Smappa!GROUP」代表の手塚真輝など、派手な交友関係が表沙汰になってしまった。
 このときから矢口のヤンチャぶりは露見しており、今年の不倫騒動は起こるべくして起こったということか。

>>>後編につづく

(文・編集部)

オススメCD:『The Best!~Updatedモーニング娘。』(初回生産限定盤)(DVD付)[CD+DVD, Limited Edition](UP FRONT WORKS Z =MUSIC=)