81歳知日派の苦言「韓国の政治家は、『日本非難が愛国』だと思っている」

 慰安婦問題や徴用工問題が日韓関係を揺るがし続けている。


 そんな折、私は月刊 「文藝春秋」新年号 で、韓国有数の知日派である元駐日韓国大使・柳興洙(ユ・フンス)氏にインタビューし、これらの問題などについて胸の内を聞いた(「文在寅政権は我が韓国の『信用』を失った」)。


81歳知日派の苦言「韓国の政治家は、『日本非難が愛国』だと思っている」

■文政権には憤懣やるかたない

 この懸案をめぐって文在寅政権下の韓国は、日本との“約束”を破ったことで日本世論の激しい非難と反発を招いている。柳・元大使は、この懸案で日本との“妥協”を模索し、慰安婦問題では合意を決断した朴槿恵・前政権の対日スタッフだった。文政権の日本に対する“手のひら返し”には当然、憤懣やるかたない。


 彼が強調したのは「国家にとって最も重要なことは信用」ということだった。それは外に対しても内に対してもそうだという。ところが左翼・革新政権下の韓国では「積弊追放」の名の下で無理な過去否定が強行され、「国の信用」が失われているというのだ。このインタビューは、過去の保守政権時代に内務官僚出身で国会議員を4期勤めた韓国保守派の「憂国の声」になっている。


 とくに慰安婦合意については、駐日大使(2014年~2016年)として舞台裏交渉にかかわって苦労しているだけにこだわりがある。彼によるとあの合意は、(1)軍関与認定、(2)安倍首相の謝罪、(3)政府予算による補償――という韓国政府のかねてからの要求が実現したもので、当事者の元慰安婦たちの大多数(70%以上)が合意を評価し補償を受け取っているのだから大きな成果があったという。

...続きを読む

あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2018年12月14日の社会記事
「81歳知日派の苦言「韓国の政治家は、『日本非難が愛国』だと思っている」」の みんなの反応 66
  • 匿名さん 通報

    度が過ぎれば、日本人だって怒る。後戻りできない状態まで持っていったのは、朝鮮人やろ。

    45
  • 匿名さん 通報

    まさに正論です。もう、韓国は無くなるしかない。北朝鮮とでも中国とでも、赤く染まってどうぞご自由に。ただし、日本に絡んで来たら許さんぜよ。

    42
  • 匿名さん 通報

    日本では『韓国消滅が世界平和』と考えております、良識ある日本人ですから、叩き潰したい気持ちをグッとこらえて、永遠の国交断絶を願っています

    35
  • 匿名さん 通報

    「韓国人は非常に感情的だから、日本人が感情的になったら困る」と言っているが、喧嘩を売っておきながら、殴り返そうとするとお前が悪いという。本当に手の負えないバカ民族。日本は電気ショックの制裁を。

    34
  • 匿名さん 通報

    いまさら遅いですよwwこれからもずっと近くて遠----い国でいるのが一番。

    33
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。