「東大卒エリート」の存在感は、なぜここまで薄くなったのか

 2017年10月の衆議院議員選挙で、東京大出身の国会議員(衆・参)は133人となった。2位は慶應義塾大(76人)、3位が早稲田大(71人)。18年10月に発足した第4次安倍晋三改造内閣の閣僚のうち、7人が東京大卒だった。


 政治の舞台で「東大卒エリート」は活躍しているように見える。だが、存在感はいまひとつだ。権力を誇示し、メディアに睨みを利かした閣僚に東京大出身者が少ないからだろう(以下、出身校)。


 安倍首相(成蹊大)、麻生太郎財務相(学習院大)、菅義偉官房長官(法政大)、世耕弘成経産相(早稲田大)、河野太郎外相(米ジョージタウン大)。


「東大卒エリート」の存在感は、なぜここまで薄くなったのか

■安倍政権の中枢は2世3世議員が多い

 かつて東京大卒、官僚経由の政治家がリーダーとなり、重要閣僚を占めていた時代があった。


「東大卒エリート」の存在感は、なぜここまで薄くなったのか

●第3次佐藤栄作内閣(1970年) 佐藤首相、福田赳夫蔵相、愛知揆一外相、宮澤喜一通産相、坂田道太文相、中曽根康弘防衛庁長官


●第3次中曽根康弘内閣(1986年) 中曽根首相、宮澤喜一蔵相、倉成正外相、後藤田正晴官房長官


 彼らに比べて、第4次安倍内閣の閣僚を軽く感じてしまう。安倍、麻生、河野など現政権中枢に鎮座する政治家は2世3世が多い。政治家としての適性を云々する以前にすんなり当選し、苦労知らずで、勉強不足な面があることも要因の一つだろう。それが国家観の薄っぺらさ、ときに言語感覚の貧しさを示してしまう。


 もちろん「東大卒エリート」がベストではないが、国のリーダーが知性や教養に基づく国家観を感じさせないのは、国民にとって不幸である。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年1月18日の社会記事
「「東大卒エリート」の存在感は、なぜここまで薄くなったのか」の みんなの反応 131
  • 匿名さん 通報

    東大→国家公務員→不正→パヨクの手下

    55
  • 匿名さん 通報

    パヨクは東大卒でも総理大臣になれませんしね。成蹊でもなれるのにwwそりゃ腹立つよねww

    47
  • 匿名さん 通報

    鳩山由紀夫の前で同じこと言ってきたら? 学歴如きで政治が良くなるなら苦労はない

    47
  • 匿名さん 通報

    朝鮮学校でたら立憲民主党でしょう。

    40
  • 匿名さん 通報

    うちの会社では灘高→東大をバカにしてました。なんせ事務能力がなかったww

    38
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。