介護のコツは「金をかけるか、手を抜くか」 後悔のない介護なんてない

介護のコツは「金をかけるか、手を抜くか」 後悔のない介護なんてない

 還暦を迎えた作家の山口恵以子さんが、自ら「癒着親子」とまで書くほど愛してやまない母親を、自宅介護する日々を記録したエッセイを発表した。


「介護は、大変、苦しい、疲れる、家族がもめるといったイメージがあります。でも、私は介護をなさっている皆さんが読んで、『バカだなあ』と笑って、ほんの少し元気が出ることを祈って書き上げました」


「毒母」をテーマにした作品もある山口さんだが、実生活では素晴らしく相性のいい母親に恵まれた。「少女漫画家を目指していた時も、脚本家の夢を追っていた時代も、母は決して私をバカにしなかった」と言う。


 そんな自分の存在を全肯定してくれた母親が、父親を亡くした2000年を境に急激に衰え、家事ができなくなり、認知症を疑うような出来事が増えていった。


「あの時の不安と恐怖は凄かったです。身分の不安定な派遣社員をしながら、シナリオのプロットライターの仕事もしていました。そんな中、本当に頼れる存在だった母が、私がいないと何もできない人になってしまったんですから」


 その後、山口さんは丸の内新聞事業協同組合の社員食堂に勤務。安定した職場を得て、脚本家から作家を目指す夢を追うようになる。


 やがて07年に作家デビュー。13年に松本清張賞を受賞し、「食堂のおばちゃん作家」としてブレイクする。そんな日々の中でも介護はずっと続き、母親がご飯をたくさん食べられたことを喜び、粗相をしても「漏らすほど水分をきちんと取れたんだ」と安堵する。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年1月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。