「皇太子妃を辞めたいと思ったことは一度もない」 雅子さま「新皇后」への覚悟

 今年5月に新皇后陛下となる雅子妃殿下。ご療養が16年になったことから、果たして皇后として務められるのかという疑問の声もないわけではない。


「皇太子妃を辞めたいと思ったことは一度もない」 雅子さま「新皇后」への覚悟

 だが、ご療養の中にあっても一進一退を繰り返されながら、その時々でご自分にできることをしっかりと務められてきた。2年前からはご体調が大きく上向かれ、公務先でもお出ましになる姿が多くみられるようになっている。


 そして、今年は新年の一般参賀や新年の諸行事などを始め、7日には天皇皇后両陛下の御名代として、皇居・宮中三殿の皇霊殿で崩御から30年の節目となる「昭和天皇三十年式年祭」に臨まれた。雅子妃が宮中祭祀に臨まれたのは、平成28年4月の「神武天皇二千六百年式年祭」以来、3年ぶりのことだった。


 年末から新年にかけて、皇室は1年で最も忙しい日々が続く。さらに今年は改元ということもあり、雅子妃のお出ましも続いている。


■16年にわたる闘病のなかで

「妃殿下は、ご体調を整えられる努力をされて臨まれています」と東宮職が語るように、お出ましになっているその裏では、病気と向き合われている姿があった。


「皇太子妃を辞めたいと思ったことは一度もない」 雅子さま「新皇后」への覚悟

 雅子妃が療養生活に入られたのは03年のこと。あれから16年も……、と思う人もいるだろうが、適応障害を患っている人の中には、同じような年月の中で苦しんだり、悩んでいたりする人もいる。また、雅子妃の場合は、皇室の中でご病気になったが、その同じ環境の中で治していかなければならないという難しさがある。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年1月13日の社会記事
「「皇太子妃を辞めたいと思ったことは一度もない」 雅子さま「新皇后」への覚悟」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    紀子様よりは好き。

    16
  • 匿名さん 通報

    叩くのは天皇不要のパヨクだろ。

    9
  • 匿名さん 通報

    ご体調が優れてきてるのが何よりです。知性も教養もあり家柄も良いこの方こそ、新皇后であるべきです。

    6
  • 匿名さん 通報

    秋篠は色ボケ眞子様で信用ならんわ。小室には多額の税金使い、まつりごとは質素にしろだと?反対だろww

    5
  • 匿名さん 通報

    01/13 20:26 メディアと役所に秋篠age、東宮sageする勢力が居る、あと政財界の一部に。

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。