リクルートを創った男・江副浩正は「ユニークすぎる東大生」だった――池上彰が語る“江副像”

 池上彰さんが戦後日本の代表的人物を選び、彼らを通して「戦後」を読み直す、連続講義「“戦後”に挑んだ10人の日本人」 。毎回受講生を募り、文藝春秋にて公開授業として実施しています。


 今回はそのなかから、「江副浩正」(第2回)の講義の様子をご紹介します。


リクルートを創った男・江副浩正は「ユニークすぎる東大生」だった――池上彰が語る“江副像”

◆◆◆


■「リクルート社員の披露宴に現れなかった」江副さん

 今回はリクルート事件の江副浩正さんです。


 リクルート事件というのは、江副さんが自社の未公開株を政財官界、あるいはマスコミに配って利益を供与したとされる事件ですから、非常に関係者が多いのです。そんな中で、江副という人物についての評価を下すのは大変難しいなという思いを持っております。とくに私は、文部省の担当でリクルート社を取材したりして、まったくの第三者とはいえません。私にも見えにくい部分が多々あるのです。


 私はあのころ、銀座7丁目ビルと8丁目ビルへ取材に行きました。広報の担当者は男性も女性もいましたけど、非常に優秀で明るくて、すっかり仲良くさせていただきました。あるとき、広報の女性が結婚することになりました。リクルート社の社員の結婚披露宴は実に派手です。私も招かれて行きましたけど、そんな会には慣れていないので、どうにも居場所がない感じです。広報の人が「そのうち江副さんがあいさつに来ますよ」と教えてくれたのですが、とうとう最後まで江副さんは現れなかった。


 翌日、朝日新聞を開いて驚きました。社会面に「川崎市助役へ1億円利益供与疑惑」とあって、リクルートの不動産部門を担うリクルートコスモス社の未公開株を渡していた、と書かれています。川崎市の開発プロジェクト予定地に進出しようとしていたリクルートが、市の助役に未公開株を渡していたというのです。そうか、このせいで昨夜、江副さんは来られなかったのか──。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年2月3日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「田原総一朗」のニュース

次に読みたい関連記事「田原総一朗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「音楽プロデューサー」のニュース

次に読みたい関連記事「音楽プロデューサー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「増田明美」のニュース

次に読みたい関連記事「増田明美」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。