THE ALFEE高見沢俊彦が語るクイーンの魅力「ボヘミアン・ラプソディを6回観た」

記事まとめ

  • 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の快進撃が止まらない。
  • 2019年1月末には興行収入が100億円を超え、昨年の邦画と洋画を併せた興行収入もトップとなった。
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』やフレディ・マーキュリーの魅力について、THE ALFEEの高見沢俊彦さんと、音楽評論家の東郷かおる子さんの対談が実現した。

「『ボヘミアン・ラプソディ』を6回観た」THE ALFEE高見沢俊彦が語る「クイーンに泣いた日」

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の快進撃が止まらない。


 2019年1月末には興行収入が100億円を超え、昨年の邦画と洋画を併せた興行収入もトップとなった。


「『ボヘミアン・ラプソディ』を6回観た」THE ALFEE高見沢俊彦が語る「クイーンに泣いた日」

 第76回ゴールデン・グローブ賞では作品賞と男優賞の2冠を達成。2月24日に発表される第91回アカデミー賞でも、作品賞や主演男優賞を含む5部門にノミネートされている。


 そんな『ボヘミアン・ラプソディ』、そして、クイーンのフレディ・マーキュリーの魅力について、THE ALFEEのリーダー高見沢俊彦さんと、音楽評論家の東郷かおる子さんの対談が実現した。


■僕が理想とするハードロッカー

 高見沢さんは高校生の頃、ロック好きの女の子が貸してくれた、クイーン2枚目のアルバム『クイーンⅡ』を聴き、“グラムロックとハードロックを融合させた完成形で、僕が理想とするハードロッカー”だと驚いたという。そこからクイーンにハマり、今作も映画館で6回も鑑賞したそうだ。


 一方、雑誌「ミュージック・ライフ」の編集者としてクイーンを間近で取材した東郷さんは、75年の初来日の様子を振り返る。当時、デビューしたイギリスでは「グラムロックの残りカス」と酷評されていたクイーン。ところが、彼らのビジュアルに日本の女の子たちは熱狂した。メンバーが降り立った羽田空港には、なんと2000人もの女性ファンらが集まったのだ。ギタリストのブライアン・メイは「ちっちゃな女の子たちが押し寄せてきて、別の惑星に降り立ったのかと思った」と話したという。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年2月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。