新芥川賞作家 ダブル受賞となったふたりの意外な共通点

記事まとめ

  • IT会社の役員と、元ファミレス店員――ダブル受賞となった第160回芥川賞は、作品の面白さだけでなく、受賞者ふたりの対照的な経歴も話題となった。
  • 「ニムロッド」の上田岳弘さんと「1R1分34秒」の町屋良平さん、それぞれの足跡とコメントを紹介。
  • ふたりの意外な共通点は「小説家を目指していたこと」と「ロスジェネ世代」ゆえの生き方。

IT起業家vs.ファミレス人間――新芥川賞作家ふたりの意外な共通点

 IT会社の役員と、元ファミレス店員――ダブル受賞となった第160回芥川賞は、作品の面白さだけでなく、受賞者ふたりの対照的な経歴も話題となった。


IT起業家vs.ファミレス人間――新芥川賞作家ふたりの意外な共通点

 ビットコインを“採掘”するSEを描いた「ニムロッド」の上田岳弘さん(39)は、現在、法人向けITソリューションを企画、開発、販売する会社の役員をつとめている。


 4人兄弟の末っ子だった上田さんは、幼稚園の頃から「本を書く人になりたい」という漠然とした思いをもっていた。兄や姉の本棚から『サンデー』、『ジャンプ』や『りぼん』、『花とゆめ』といった漫画雑誌や、司馬遼太郎、夏目漱石、吉本ばなな、村上春樹などの小説を借りて乱読したそうだ。


上田 両親は共に教師なんです。教師って、子供をパターンで見るんですよね。「この子は努力型で東大に行くタイプだな」とか、いじめが起こったときも「こいつが主導役だな」などと分類して理解する。周りの人をパターン化して、俯瞰で見る視点は、僕も受け継いでいると思います。小説を書くとき、僕はメタの視点で登場人物を動かすんですよ。


 若きボクサーの身体と心理に焦点をあてた「1R1分34秒」の町屋良平さん(35)は、小学校の頃、さくらももこのエッセイに感銘を受け、文章を書くようになったという。記者会見での“一張羅”は近所の古着屋で買った300円の赤いジャージ。高校卒業後アルバイトをしながら執筆を続け、25歳の頃、「小説に一生をかけよう」と決意したそうだ。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年2月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。