『君たちはどう生きるか』映像化を巡り著者遺族が出版元のマガジンハウスに抗議

記事まとめ

  • 『君たちはどう生きるか』の映像化を巡って吉野源三郎の長男が弁護士を立て、抗議していると、文春オンラインが報じた。
  • 「無許諾で、『君たちはどう生きるか』のドラマが作られていた」と長男の吉野源太郎氏。
  • マガジンハウスは週刊文春の取材に「誠意ある対応を今後もしていきます」と回答したという。

累計260万部『君たちはどう生きるか』映像化を巡り著者遺族が出版元に抗議

累計260万部『君たちはどう生きるか』映像化を巡り著者遺族が出版元に抗議

 1937(昭和12)年に吉野源三郎が著した小説『君たちはどう生きるか』。一昨年に新装版と漫画版が刊行されるや社会現象を巻き起こし、合わせて260万部の大ベストセラーとなった。


 だが現在、吉野の長男・吉野源太郎氏が、出版元・マガジンハウスに対し、映像化を巡って弁護士を立て、抗議していることがわかった。


 源太郎氏は、週刊文春の取材にこう語る。


「無許諾で、『君たちはどう生きるか』のドラマが作られていたのです」


 氏が指摘するのは、昨年5月にTBS系で放送された『教えてもらう前と後 池上彰と日本が動いた日「君たちはどう生きるか」SP』(制作・毎日放送)内で、原作が映像化された部分。加藤清史郎(17)が主演する、約30分のドラマだった。


 源太郎氏によれば、出版社との間で結んだ契約では、映像化などは氏の了解を得た上でなければならない。だが、ドラマ化はテレビ局と出版社の間で無断で進められ、源太郎氏がその事実を知ったのは放送後だったという。


「映像化は全部お断りしていた。今回だけ例外的に許可したなんて思われると、私が嘘をついたことになってしまう」(源太郎氏)


 源太郎氏の代理人弁護士は「映像化についての話し合いもなく、条件的な提示もなく進んでしまったことは、著作権の侵害として問題になるでしょう」と指摘。


 いっぽうのマガジンハウスは週刊文春の取材に対し、「誠意ある対応を今後もしていきます」と回答した。


 映像化の経緯など、詳しくは2月14日(木)発売の「週刊文春」で報じている。


(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年2月21日号)


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年2月13日の社会記事
「累計260万部『君たちはどう生きるか』映像化を巡り著者遺族が出版元に抗議」の みんなの反応 2
  • b 通報

    記事の通りだとしてだが、 結局、示談金払って手打ちであり、それも予算の範疇なのだろう。 イヤだと言うことをされてしまった時に、その賠償がいくらかの金とは。 金じゃ済まんと言ったらどうなるんだろう。

    0
  • 匿名さん 通報

    これもし版権料が手に入るなら遺族にとっては不労所得だな

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「田原総一朗」のニュース

次に読みたい関連記事「田原総一朗」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「音楽プロデューサー」のニュース

次に読みたい関連記事「音楽プロデューサー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「増田明美」のニュース

次に読みたい関連記事「増田明美」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。