帝国海軍が復活!? 近ごろ海上自衛隊の艦艇名がやけに勇ましくなってはいないか

 自衛艦の花形である護衛艦。現在、最大の護衛艦は基準排水量19500トンのヘリコプター搭載護衛艦(DDH)「いずも」型で、形状から「ヘリ空母」とも呼ばれている。同型艦で2017年に就役した新鋭艦は「かが」。ミリタリーファンなら、すぐ思い出すのが帝国海軍の空母「加賀」だろう。主力空母として真珠湾攻撃にも参加。最後はミッドウェー海戦で沈没している。


 同じDDHに、2009年に就役した「ひゅうが」と同型艦「いせ」がある。これも帝国海軍の戦艦「伊勢」「日向」の名前を継いだもの。この二艦はもともと戦艦であったが、後部の主砲を取り払い、飛行甲板を設置したため、航空戦艦と呼ばれた。「いせ」「ひゅうが」は、海上自衛隊としては初めて全通甲板を備えたため、空母にしか見えない。そんな艦艇に命名するに当って、戦前の二艦を意識しなかったといえばウソだろう。


帝国海軍が復活!? 近ごろ海上自衛隊の艦艇名がやけに勇ましくなってはいないか

 このように、近年、海自の艦艇には、帝国海軍の戦艦の名前が復活している。自衛艦の名前は進水時に付けられる。紹介した中で最初に進水したのは「ひゅうが」で、第一次安倍政権下のことである。


■帝国海軍をほぼ踏襲

 じつは、海自艦艇の命名法は、帝国海軍をほぼ踏襲してきた。帝国海軍では、


・駆逐艦→天象・気象など(「秋月」「汐風」) 
・巡洋艦→山岳、河川(「愛宕」「矢矧」)
・戦艦→旧国名(「大和」「武蔵」)
・空母→瑞祥動物の名(「飛龍」「瑞鶴」)


 というルールで命名した。空母「加賀」は、もともと戦艦として計画されたものが、途中で空母に変更されたので、旧国名のままなのである(有名な空母「赤城」も、もともとは巡洋戦艦として計画)。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年4月6日の社会記事
「帝国海軍が復活!? 近ごろ海上自衛隊の艦艇名がやけに勇ましくなってはいないか」の みんなの反応 596
  • 匿名さん 通報

    ネットの反応「海自自体が艦名には旧海軍の慣習を踏襲してるって言ってるじゃんw ニワカか?」「記事を書いてる人はバカなの?お勉強してから記事書け」

    76
  • 匿名さん 通報

    物書きのプロじゃないの?何が言いたいかはっきりしない。それに、艦船命名の仕方は、決められていてそれに沿ってやっているだけでしょう。バカなの?

    53
  • 匿名さん 通報

    何か悪いの?

    49
  • 匿名さん 通報

    ルール通りだったら「いせ」や「ひゅうが」、「かが」はありえない、って書いてあるのが分からんバカがいるとは信じられん。

    33
  • 匿名さん 通報

    なってねーよ。

    27
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。