天皇陛下の知られざるご研究――なぜタヌキたちは、皇居の中で暮らすのか

 上野・国立科学博物館で開催中の企画展「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」。なかでも目を引くのが、天皇陛下が自ら取り組まれた皇居に生息する「タヌキ」のご研究だ。タヌキたちは、豊かな木の実や昆虫などを食べて、皇居の外にはほとんど出ずに生息していることが分かったのだという。倉持利明・同博物館動物研究部長に、話を聞いた。


天皇陛下の知られざるご研究――なぜタヌキたちは、皇居の中で暮らすのか


■タヌキの「溜め糞」に興味を抱かれた

――今上陛下といえば、ハゼのご研究をなさってきたという印象が強いです。


倉持 そうですね。生物学の中でも、とりわけハゼ科魚類の分類学的研究にはお若いころから取り組まれ、30報以上もの学術論文を執筆されていますし、新種も発表されています。


――第5章では「天皇陛下ご自身が研究なさった皇居のタヌキ」が展示されています。


倉持 タヌキは都市化の進行にともなって、東京都心から一時期姿を消したと言われていたのですが、90年代後半から皇居でちらちら、目撃例が増えてきたそうなんですね。そのことに興味を抱かれた陛下は、タヌキの「溜め糞(ためふん)」を調べて、その食性を明らかにする研究に乗り出されました。


――タヌキの「溜め糞」というのは……。


倉持 タヌキは特定の場所で何度も繰り返し糞をする習性があり、その結果できる山は「溜め糞場」と呼ばれます。天皇陛下、宮内庁職員、科博の研究者などからなる研究グループは、2006年4月から2007年12月までに169検体の糞を採取、分析。さらに、陛下は2009年1月から2013年12月までの5年間という長期にわたる果実採食の変動を研究され、成果は2報の論文にまとめ上げられました。

...続きを読む

あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年3月15日の社会記事
「天皇陛下の知られざるご研究――なぜタヌキたちは、皇居の中で暮らすのか」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    悪魔のイスラエルからガザの子を救え!https://www.excite.co.jp/news/article/Jiji_20190315X742/

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。