「あと5分で……」羽田空港で“旅券返納命令”を手渡されて――常岡浩介インタビュー

 2月2日、羽田空港からカタール、スーダン経由で中東イエメンの取材へ発とうとしたジャーナリストの常岡浩介さん。羽田で「旅券返納命令が出ている」と告げられ、その場で2枚のFAXを受け取ったという。


「あと5分で……」羽田空港で“旅券返納命令”を手渡されて――常岡浩介インタビュー


■国際線の自動化ゲートで「何だこれは」

常岡 「パスポート情報は登録されていません」。羽田空港の出国審査場で国際線の自動化ゲートを通過しようとした時、画面にはこのような趣旨の文面が表示されていました。「何だこれは」と一瞬、ぽかんとしてしまいました。


 旅券(パスポート)返納命令を受けたこの2月2日のことをお話しする前に、まずは1月まで時系列をさかのぼる必要があります。私は長らくイエメンの飢餓問題を取材する計画を立てていて、1月14日にオマーン経由でイエメンに入国するという計画だったのですが、何の理由の説明もなくオマーンから入国拒否を受けたのです。


――1月の時点では、日本を出国することができたんですね。


常岡 はい、その時は問題なく出国できました。しかしオマーンに入国することができなかった。入国手続きを行う窓口でパスポートを出したところ、別室に連れていかれて、「オマーンには何日滞在する予定か、ホテルの予約証明書を見せてください」などと2~3分聞かれたあと、次に連れていかれたのが入国ゲートではなく、出国ゲートでした。


――入国できない理由は説明されましたか?


常岡 「ここで待ちなさい」とだけ言われて、そのまま48時間、2日間放置です。その後、スリランカ航空のスタッフが現れて、「あなたが乗る飛行機はこちらです」と告げられました。そもそも私は誰からも「入国を拒否します」とも「強制送還します」とも言われていません。何の説明もなく、不穏でした。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年3月24日の社会記事
「「あと5分で……」羽田空港で“旅券返納命令”を手渡されて――常岡浩介インタビュー」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    この人はそこら中に敵を作ってるよ。ロシアもそうだし、オマーンもそうだし、多分パキスタンやアメリカもそうだろう。旅券を取り上げないと、そのうちどっかの海外の湖か海に浮いているだろうな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。