「160cmもないでしょ?」『めちゃイケ』片岡飛鳥と“無名の”岡村隆史、27年前の出会いとは

 フジテレビ・チーフゼネラルプロデューサー片岡飛鳥氏のロングインタビュー第5回。今回も人気のテレビっ子ライター・てれびのスキマさんがじっくり聞きます。(全11回の5回目/ #1 、 #2 、 #3 、 #4  公開中)


 ◆◆◆


■「ウッチャンナンチャンはキミが作ったわけじゃないんだからね」

<片岡飛鳥がディレクターとしてデビューしたのは『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』。『ひょうきん族』や『めちゃイケ』と同じ、土曜夜8時の枠で1990年10月13日から始まったコントを中心としたタレントバラエティだ。当時チーフディレクターを務めていたのが、ウッチャンナンチャンを新人時代から起用していた吉田正樹(※1)だった。>


 さっきも言いましたが、僕はADになってまだ2年、経験としては不可欠なチーフADすらやったことがなくて、サードADの立場から『やるならやらねば』のディレクターに抜擢してもらったんです (#3) 。


「160cmもないでしょ?」『めちゃイケ』片岡飛鳥と“無名の”岡村隆史、27年前の出会いとは

 その吉田さんから言われて印象に残っているのは「キミには総合演出の苦労はわからないから」という言葉。なかなか刺激的な言葉でしたね。あの人は“文化武闘派”みたいなところがあるから、時々穏やかにケンカを売ってくるんです(笑)。僕はウッチャンナンチャンと年齢が同じでわりとうまく行っていたんですよ。同い年だから同じ小学生の時にドリフを見て、同じ高1で『THE MANZAI』や『(3年B組)金八先生』も見てる。そうやって同じ青春時代を過ごしているからカルチャーに限らず会話も合うわけじゃないですか。演者とスタッフってそこがわりあい大事で。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡村隆史 ぐるナイ
  2. 岡村隆史 めちゃイケ
文春オンラインの記事をもっと見る 2019年4月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡村隆史 + めちゃイケ」のおすすめ記事

「岡村隆史 + めちゃイケ」のおすすめ記事をもっと見る

「岡村隆史 + ぐるナイ」のおすすめ記事

「岡村隆史 + ぐるナイ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。