「がんになっちゃって」――打ち明けられたときの“正解反応”と「言ってはいけない一言」

 昨年末、35歳でがんになりました。種類は大腸がんです。


■「オッス! がんになったよ!」とは言えなかった

 がんになると病院選びからはじまり、治療法や病室を窓際にするかどうかなど、決めなければいけないことが山ほどあり、毎日が決断の連続になります。


 そんななか告知されてからずっと決められずにいたのが、「いつ、どうやってみんなに“がん”を打ち明けるか」でした。


「がんになっちゃって」――打ち明けられたときの“正解反応”と「言ってはいけない一言」

 このとき自分は平凡な己の人生に突如降りかかった大病をドラマティックに感じ、少し“スタア気分”になっていました。


 しかし35歳と絶賛子育て中世代ということもあり、友人たちもみな仕事や育児で日々ぜーぜー状態。そんな彼女らに、「オッス! がんになったよ!」とメールすることはなかなか、できませんでした。


 そうして散々悩んだ挙げ句、友人にがんを伝えることはほとんどなく、非常にそっけない「がん報告」をホームページでし、カミングアウトを終えました。ちゃんと報告できなかったみなさん、すいません。


 悩みすぎて投げやりになったがんの報告。スマートなカミングアウトの仕方をいまだに模索中です。


 こうしてラフにがんをカミングアウトした自分に周囲の方々はどんな反応をしたのか。印象深かった言葉をいくつか紹介したいと思います。


■下手な気遣いより、無関心のほうが気持ちいい

・言葉が見つかりません


 小説やドラマで見聞きしたことはありますが、実際に言われたのは人生初。これは案外ガツンとくる言葉で、コトの重大さを改めて突きつけられた気がしました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年4月9日のライフスタイル記事
「「がんになっちゃって」――打ち明けられたときの“正解反応”と「言ってはいけない一言」」の みんなの反応 12
  • 匿名さん 通報

    がん自体は怖い病気ではない、むしろ必要以上に治療する方が怖い。アメリカでも日本でも、がんで死ぬのではなく栄養失調で死ぬとの研究が、70年代から行われてる。日本では管理栄養士の知識不足が原因とのこと。

    3
  • 匿名さん 通報

    ガンを大袈裟に扱うのは、医者と保険屋と広告屋の陰謀。

    3
  • 匿名さん 通報

    近年、ガン(癌)は治る病気で、ガン(癌)よりも鼻毛が出ている人に伝える事の方が難しい。

    3
  • 匿名さん 通報

    ごちゃごちゃ面倒クセェなぁ(笑) 今日び癌とか風邪をひいたぐらいの扱いでいいんだよ

    2
  • 匿名さん 通報

    知り合いが死んだら知らないふりをして、葬式が終わってしばらくしてからしれーっと、さも知らなかったという雰囲気を出して線香をあげに行けと言われなかっけ?恨みを買うから知らないふりが一番だろう。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。