「ブスをビジネスにする――光浦靖子は発明をした」『めちゃイケ』片岡飛鳥の回想

 フジテレビ・チーフゼネラルプロデューサー片岡飛鳥氏のロングインタビュー第6回。今回も人気のテレビっ子ライター・てれびのスキマさんがじっくり聞きます。(全11回の6回目/ #1 、 #2 、 #3 、 #4 、 #5 、 #7 公開中)


◆◆◆


■「アンタには私たちブスの苦しみがわかってないから!」

<若手発掘のネタ番組『新しい波』で出会ったナインティナインよゐこ極楽とんぼ (→#5) が中心となり、1993年4月8日、ユニットコント番組『とぶくすり』が始まった。そこに加わったのが、光浦靖子オアシズ)と本田みずほ(※1)だった。一方で大久保佳代子(オアシズ)の抜擢は『めちゃイケ』への合流(99年4月17日)まで遅れることになる。>


 オアシズは、『新しい波』にも出てましたけど、実は僕の担当回ではないんですよ。のちに『いいとも』のプロデューサーもしていた伊戸川(俊伸)さんという先輩ディレクターの担当。だから、岡村がよく「伊戸川班のオアシズは花の飛鳥組の俺らとは“出身の村”が違う」ってイジるんですけど。オアシズは胸を張って「伊戸川班のどこが悪いんだよ!」って(笑)。


「ブスをビジネスにする――光浦靖子は発明をした」『めちゃイケ』片岡飛鳥の回想

『新しい波』は演者も新人だから、アナウンサーも新人でって、いまや大ベテランですけど当時新人の西山喜久恵(現フジテレビチーフアナウンサー)が司会だった。光浦は東京外国語大学で、大久保が千葉大学。で、2人は早稲田大学の寄席演芸研究会にいて、確か彼女たちが出た学園祭を見に行った伊戸川さんがキャスティングしたんです。だから、いわば素人みたいな女子大生がフジテレビにネタをやりに出てきた。異例ですよ。シンデレラストーリーとかじゃなく戦後のドサクサみたいな感じ(笑)。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年4月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「小島よしお」のニュース

次に読みたい関連記事「小島よしお」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビビる大木」のニュース

次に読みたい関連記事「ビビる大木」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「後藤輝基」のニュース

次に読みたい関連記事「後藤輝基」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。