「『めちゃイケ』はヤラセでしょ」という批判 フジ片岡飛鳥はどう考えてきたか

 フジテレビ・チーフゼネラルプロデューサー片岡飛鳥氏のロングインタビュー第7回。今回も人気のテレビっ子ライター・てれびのスキマさんがじっくり聞きます。(全11回の7回目/ #1 、 #2 、 #3 、 #4 、 #5 、 #6 公開中)


◆◆◆


■ミスチルを真似して「波打ち際でエレキギター」

ナインティナインらと組んだユニットコント番組『とぶくすり』が終了し、1995年10月28日から始まったのが『めちゃイケ』の前身番組である『めちゃ×2モテたいッ!』。ナインティナインに武田真治雛形あきこ鈴木紗理奈が加わった一方で、よゐこ加藤浩次光浦靖子がこの一時期に番組から抜けた。番組はコントではなくトークコーナーやロケ企画が中心となっていった。なぜなら“とぶくすり禁止令”が出ていたからだという。>


「『めちゃイケ』はヤラセでしょ」という批判 フジ片岡飛鳥はどう考えてきたか

『とぶくすり』のあとで、正確には『とぶくすりZ』という深夜の帯番組もやらせてもらったんですけど、そのコント漬けの時代が終わってから『めちゃ×2モテたいッ!』が始まるんです。パナソニック提供の土曜23時半という、当時みんながやりたがった『夢で逢えたら』の枠。そのときに「オシャレな枠なんだから、コントとかもうそんな泥臭いことをやってないで」みたいな社内の意見があったんです。だからその頃、僕や作家の伊藤さん(※1)は“とぶくすり禁止令”とか自分たちで揶揄しながら「コントはもう十分やってきたし、“とぶくすり禁止令”を守って、なにか新しいことをやってみよう」って面白がっていたんです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年4月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「陣内智則」のニュース

次に読みたい関連記事「陣内智則」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビートたけし」のニュース

次に読みたい関連記事「ビートたけし」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。