ベイスターズ人気の復刻ユニは湘南カラー なぜ弱い時代のものが人気なのか

 今シーズン、横浜DeNAベイスターズが球団創設70周年のイベントを行っている。スタートしたのは昨年の11月22日。70年前のちょうどその日に、前身のまるは大洋球団が創設されている。そこから1年間続くロングランのイベントである。私はプロ野球のユニフォームやデザインについての本を何冊か書いているので、復刻ユニフォームの監修などでお手伝いをしている。


 3月10日に山口県下関市で行われるオープン戦のゲームでは、球団創設時の初代ユニフォームが復刻され、選手たちがそれを着用してプレーする予定だった。3月10日というのは69年前のその日、セントラル・リーグが開幕して、大洋ホエールズが創設第1戦を戦った日。しかも場所は下関球場だった。今回の球団創設70周年のタイムスケジュールは、かなり綿密に練られているのである。しかし残念ながら10日の下関の試合は雨で中止。初代復刻ユニフォームの着用は、3月21日の横浜スタジアムでのオープン戦に持ち越された。


 今回のイベントのために、数多くの各時代にあわせたグッズも製作されている。中でも人気なのが、1974年から77年にかけてのオレンジとグリーンが使われていた湘南ユニフォームの時代だ。78年の横浜移転の直前の時期で、川崎球場時代の大洋ホエールズ最後のユニフォームだ。



■湘南カラー誕生のきっか

 このユニフォームを初めて目にした時のことは、今でも鮮明に覚えている。


 それは大学受験が終わって進学先が決まり、ウキウキした気分で日々を送っていた最高の春休みの一日だった。昼過ぎに起きてテレビをつけると、読売ジャイアンツとユニフォームがオレンジ色の上着で、グリーンの帽子をかぶったチームが試合をしている風景が目に飛び込んできた。オープン戦の中継であった。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年5月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。