雅子さまの心を打った、皇太子さま「僕が一生全力でお守りします」発言が生んだもの

「僕が一生全力でお守りします」


 新天皇に即位する皇太子は、1992年10月、新浜鴨場(千葉県市川市)で、当時外務省に勤務していた小和田雅子さんにプロポーズした。その際の言葉である。翌1993年1月19日、皇室会議が開催され、正式に婚約が内定する。その際の記者会見で、雅子さんは心を打った言葉として「雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから」というような言葉があったと述べ、これが大きく報道されて、人々に好意的に受け止められた。6月9日に結婚の儀が行われ、パレードには約19万人もの人が集まり、二人の結婚を祝福している。


雅子さまの心を打った、皇太子さま「僕が一生全力でお守りします」発言が生んだもの

■2代目「民間出身」の皇太子妃

 それは、2代目の「民間出身」の皇太子妃の誕生を人々が歓迎していたからである。東京大学、ハーバード大学出身、外務省勤務というキャリアを持つ小和田雅子さんは、男女雇用機会均等法施行後の女性の生き方を象徴するような存在だった。昭和の専業主婦を目指す女性とは異なり、いわゆるキャリアウーマンが伝統的な皇室に入るという出来事は、「開かれた皇室」と言われていた平成の天皇制を象徴するものとなった。


■なぜ小和田雅子さんとの結婚が、待望の出来事だったのか

 しかも、皇太子の結婚はなかなか決まらなかったという事実が、雅子さんとの結婚を祝福するムードをより高めた。昭和の末ごろから、週刊誌やワイドショーなどのマスメディアは、「お妃候補報道」を過熱して取り上げた。候補として報道された人々はメディアに追いかけられ、そして人々に消費されていった。そのなかに、小和田雅子さんもいた。そうした皇太子の「お妃候補報道」が展開されるなかで、1990年6月には文仁親王が川嶋紀子さんと結婚、秋篠宮家が創設される。先に弟が結婚する事態に、皇太子の結婚はより人々の心配を集めつつ、関心を高めていった。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年4月27日の社会記事
「雅子さまの心を打った、皇太子さま「僕が一生全力でお守りします」発言が生んだもの」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    エコノミスト2019版の表紙は富士山。その隣に鼻が伸びて顔が真っ赤なピノキオ。そのお顔はどなた様にそっくり。さらにその下にユダヤ教徒。何が起こるのか?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。