「中高年ひきこもりは自己責任か?」精神科医・斎藤環が予測する「孤独死大量発生」時代

ひきこもりが自己責任だという捉え方は明らかに間違いです。長引くひきこもりは、家族の思惑や社会のプレッシャーや本人の苦しさなど、さまざまな要因が複合して成立する現象で、自分の意思決定ではありません。どこの家庭でも、どんな年齢の誰にでも起こりうる現象ですから、世間は寛容になってもらいたいと思います」


 こう語るのは、精神科医として30年前から不登校やひきこもりの問題に取り組んできた、斎藤環・筑波大教授(社会精神保健学)だ。


■「中高年ひきこもり」の実態に初めて光があたった

 40~64歳の「中高年ひきこもり」が、全国で約61万3000人いる――。先日、内閣府が発表した推計値は世間に大きな衝撃を与えた。これまで政府は39歳以下の「若者」を対象にした調査しか行ってこず(30代以下のひきこもりの推計値は約54万人)、今回の全国調査で初めて「中高年ひきこもり」の実態の一端に光があたったからだ。


「中高年ひきこもりは自己責任か?」精神科医・斎藤環が予測する「孤独死大量発生」時代

■自分には「娯楽を楽しむ資格はない」と思い詰め

 ひきこもりの人は、顔が見えにくい。自ら外に助けを求めることも少ない。そのため、斎藤氏らが20年前から「ひきこもり高齢化」に警鐘を鳴らしてきたにもかかわらず、国の調査や対策は常に後回しにされてきた。


「中高年のひきこもりでは、1日、何もしていない人が半分ぐらいいます。ベッドで横になったり、ソファに座っていたり。頭の中でいろいろ考えて葛藤しているから、退屈は感じないそうです。部屋に籠ってネットやゲームに没頭している印象を持たれがちですが、それは実は少数派。ひきこもっている人は自責的になっており、自分には娯楽を楽しむ資格はないという思いがあるようです。思い詰めすぎた結果、鬱などを発症してしまうケースもあります」


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年5月17日の社会記事
「「中高年ひきこもりは自己責任か?」精神科医・斎藤環が予測する「孤独死大量発生」時代」の みんなの反応 222
  • 匿名さん 通報

    日本の終わりを物語るような状況だ。自己責任という言葉とともに、他人を責める人が増えた。富裕層でもなく、その辺に多くいる高齢者に見られるような、タカリのような事をしながら他人を叩くクズが増えたんだろう。

    26
  • 匿名さん 通報

    ただ「問題になっている」だけでなく何か提案を、と自分も思うのですが、どうしたら良いのか自分にも解決策が浮かばない。外に出なくても食べていける仕事は増えているので、それが何かのきっかけにできないか。

    19
  • 匿名さん 通報

    厳しい事言っているのは、事業化したのに「ひきこもり様」がいらしてくれない!って嘆いている方々では?それを支援していたのがひきこもり・ニートを差別していた番組。実に単純明快な電波利用のカネ儲け構造だ。

    10
  • 匿名さん 通報

    追い詰めているのは、三流テレビ局MC・コメンテーターなど。記事著者やニッポン放送テレフォン人生相談は、悪いのは君ではない!と言う考え。原因を突きとめた方が解決のヒントに。強い者が言いたい三昧だ。

    9
  • 匿名さん 通報

    引きこもっていても税金からは絶対に逃れられない。つまり納税をしていて更に買い物のたびに消費税も払っているのに「犯罪者」扱いしたくてたまらない既知外が12:24だ。

    8
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「引きこもり」のニュース

次に読みたい関連記事「引きこもり」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。