柴田理恵60歳、“おばさん”の記号をあえて笑顔で背負う理由

『 週刊文春WOMAN 』2019 GW号の発売を記念して、『週刊文春WOMAN』を代表するジェーン・スーの人気連載「彼女がそこにいる理由」第1回を特別公開する。


◆ ◆ ◆


 テレビをつければ、画面にはいつものメンツが映っている。彼ら彼女たちはいつだって一定だ。騒がしい人は毎度騒がしく、賢い人は常に賢く、よく笑う人はなんにでもよく笑う。人物の印象が変わることはほとんどなく、むしろ変化の兆しが見えるとそのまま画面から消えてしまうことも多い。


 テレビの人気者はまるでドット絵だ。キャラクターは極限まで単純化され、人気の度合いは視聴率という数字で作り手に共有される。「あのタレントは何パーセント持っている」という考え方。つまり、人気者をドット絵にしているのは、他ならぬ私たち視聴者なのだ。


 それぞれに役割があるため、テレビの人気者たちが多面性を求められる場面は少ない。しかし、常に一定でいることがプロの証である人々にも、画面には映らない横顔があるはずだ。


 私が見たいのは、綺麗にまとまった「意外な一面」ではない。繊細な水彩画や力強い油絵で描かれた顔、特に女性の顔が見たい。彼女がそこにいる理由を、この目で確かめたいのだ。


 編集部を通し、一度だけお会いしたことのある女優の柴田理恵さんに取材を申し込んだ。


柴田理恵60歳、“おばさん”の記号をあえて笑顔で背負う理由

■テレビでは素通しの眼鏡を掛けている

 柴田理恵と聞いて頭に浮かんでくるのは、ひっつめ頭に眼鏡を掛けたあの姿。しかし、以前ラジオ番組のゲストとして私の前に座った彼女は、長らくテレビや広告で見てきた柴田理恵とは別人だった。髪をおろし眼鏡は掛けておらず、緑がかった琥珀色の瞳はヘーゼルナッツのように輝いている。強く、美しい瞳だった。まごうことなき看板女優の風格。なぜ、こうも印象が違うのだろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年5月16日の芸能総合記事
「柴田理恵60歳、“おばさん”の記号をあえて笑顔で背負う理由」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    おばあさん?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「成海璃子」のニュース

次に読みたい関連記事「成海璃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「浅丘ルリ子」のニュース

次に読みたい関連記事「浅丘ルリ子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「田中美佐子」のニュース

次に読みたい関連記事「田中美佐子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。