「別に……」から12年 女優・沢尻エリカはなぜオファーが絶えないのか

 平成芸能史に残る「別に」発言も今は昔。沢尻エリカ(33)が女優として新たな境地を開いている。


 躓(つまず)きは、沢尻21歳のときだった。主演映画『クローズド・ノート』の舞台挨拶で、司会者の質問に対し「別に……」などとふてくされた態度に終始。


「これが大バッシングを浴び、アイドル女優としてのイメージは地に墜ちた。私生活では22歳の時に22歳年上のクリエイター・高城剛氏と結婚したものの、4年で離婚。公私にわたる奔放な言動に、09年には大手芸能プロとの契約も解消。個人事務所を設立した」(芸能デスク)


「別に……」から12年 女優・沢尻エリカはなぜオファーが絶えないのか

 窮地の沢尻が挑んだのは、“裸一貫”の演技だった。12年、映画『ヘルタースケルター』でヌードを披露、日本アカデミー賞の優秀主演女優賞に選ばれた。


■汚れ役、愛人役からついに大河で「正室」役へ

「以降は経験を肥やしにしたかのように新たな役柄を獲得。映画『新宿スワン』(15年)の風俗嬢、ドラマ『大奥』(16年・フジ系)の悪女っぷり全開の側室などがその象徴。長澤まさみ(31)や綾瀬はるか(34)ら、清純派を通してきた同世代の女優にはできないような汚れ役も、厭わず受ける女優として地位を確立した。スキャンダルや独立を経たことで、オファーする側としても、変に“忖度”する必要がない存在として需要が高まった。もともと18歳で出演した映画『パッチギ!』(05年)で複数の新人賞を獲得するなど、力量には定評がある」(映画関係者)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 沢尻エリカ ドラマ
  2. 沢尻エリカ 映画
  3. 沢尻エリカ 離婚
沢尻エリカのプロフィールを見る
文春オンラインの記事をもっと見る 2019年5月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「沢尻エリカ + 映画」のおすすめ記事

「沢尻エリカ + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「沢尻エリカ + ドラマ」のおすすめ記事

「沢尻エリカ + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「吉高由里子」のニュース

次に読みたい関連記事「吉高由里子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。