池尻大橋の立ち食いそばの名店 元バイト店員が閉店の危機を救った話

 大衆そば屋でも後継者問題がよく話題になっている。身内で引き継ぐ人がいなければ閉店する店も多い。一方、身内以外に任せて存続させるという方法もある。


 志村坂上の「おくちゃん」は2018年2月末で一旦閉店し、「おくちゃん」を愛してやまない方が味を引き継いで「さかうえ」と改名して再出発した。神田三崎町の「とんがらし」は2019年4月末で一旦閉店し、後継者を公募して同名店で経営が引き継がれたようだ。


■大学生のときからお店でバイトしていた

 そんな中、なかなか素敵な方法で店を引き継いだと話題になっている店がある。池尻大橋に今年4月にオープンした「池尻蕎麦」である。キーワードは、家族ぐるみ、サッカー監督、池尻地元愛といったところ。


 早速、ゴールデンウィーク明けの水曜日の午後4時前、「池尻蕎麦」を訪ねてみた。「池尻蕎麦」は池尻大橋駅を出てすぐの246号線沿の上り方面側にある。和歌山らーめん「まっち棒」が2000年頃まであったところだ。


池尻大橋の立ち食いそばの名店 元バイト店員が閉店の危機を救った話

「池尻蕎麦」の前身は、池尻大橋にある創業60年以上の歴史を持つ製麺屋、宝録堂食品工業が経営していた「ホーチャン2号店」である。


 店主の橋野幸一さん(36歳)は、「ホーチャン2号店」で大学生の時からバイトとして勤めていたそうだ。接客もフレンドリーでけっこうイケメンだ。経歴を聞くとこれがまたおもしろい。大学生の時は、お店でバイトしながら、サッカーチームのトレーナーになり、現在はお店を経営する傍ら、「三宿サッカー少年団」の監督でもある。川崎フロンターレの実力派、馬渡和彰さんが所属していたチームというから驚いた。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年5月14日の社会記事
「池尻大橋の立ち食いそばの名店 元バイト店員が閉店の危機を救った話」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    汚物以下トンキンの蕎麦屋で有名なお話しは、バイトテロで閉店したって話しですけどね(笑)。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。