「共産党も変わったなぁ」 “ソフト路線”は皇室ブームへの危機感

「共産党も変わったなぁ」 “ソフト路線”は皇室ブームへの危機感

「共産党も変わったなぁ」


 5月9日、衆院本会議場。天皇陛下の即位を祝う賀詞が全会一致で議決。拍手する共産党の志位和夫委員長(64)の姿に、衆院事務方幹部は感慨深げにつぶやいた。


 共産党は平成への御代替わりの賀詞には反対。今年2月の平成の天皇陛下在位30年に祝意を示す賀詞も欠席している。本会議後、会見で志位氏は「天皇制は憲法上の制度。祝意を示すのは当然だ」と胸を張り、女性天皇、女性宮家創設にも「当然検討されるべきだ」と話した。確かに04年の綱領改定で、共産党は天皇制も自衛隊も事実上容認している。主導したのは当時議長だった不破哲三氏。「石橋を叩き割っても渡らない、と評される慎重派の志位氏は、今もどんな細かいことも不破氏に報告している」(党関係者)。


 理屈上は改定綱領が金科玉条だが、「ソフト路線」の背景には、譲位された上皇への感謝とともに広まる「皇室ブーム」への強い危機感がある。各社の世論調査では「皇室に親しみを持っている」が約8割。衆参W選も囁かれる中、国民民主党の一兵卒となった小沢一郎氏や他の野党幹部から「野党共闘するなら反皇室色を薄めるべきだ」との声が相次いでいるのだ。とはいえ、“天皇制打倒”が染み付いている党員も少なくない。


■祝意は52字。天皇制への対応に細心の注意

「党は天皇制への対応に細心の注意を払っている。即位に当たっての委員長談話では祝意を示したが52字と極端に短かった。即位の賀詞の原案にあった『国民ひとしく慶賀に堪えない』との表現を、過度に天皇を礼賛するとして『まことに慶賀に堪えない』にするよう、水面下で穀田恵二国対委員長が与党側に頼んで実現させるなど涙ぐましい努力をしている」(担当記者)


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年5月21日の社会記事
「「共産党も変わったなぁ」 “ソフト路線”は皇室ブームへの危機感」の みんなの反応 25
  • 匿名さん 通報

    民主主義と言いながら、皇室典範では家父長制的な異物が残っている。天皇には言論の自由も移動の自由も与えられていない。天皇制の廃止について議論すればいいのに、廃止を訴えない共産党は変わったね。

    5
  • 匿名さん 通報

    戦前の様に天皇を利用しようとする政治勢力が有る限り賛否両論が収まる事は無い。安部政権の動きを見ると敬意が有るのか疑問に思う。

    5
  • 匿名さん 通報

    この世の中に、狂産党はいらないよなー。

    5
  • 匿名さん 通報

    天皇制を廃止したいのなら憲法改正しないとな

    4
  • 匿名さん 通報

    "日本"共産党は中国、朝鮮の利益ばかりを追求しているようにみえる。パチンコ規制と叫びつつなんら法案を出さないのは朝鮮への忖度か?資金供与されてないよね?

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。