衝撃の論文発表――「セックス未経験」は雇用や収入のせいなのか?

「草食系男子」が増えている――。


 近年、「日本人のセックスレス」傾向が強まっていることは度々指摘されてきた。欧米メディアでもさかんに取り上げられている。


 だが、実はこうした議論は、正確なデータに基づいたものではなかった。そもそも「日本人の性生活」の実態を示す調査がなされていなかったからだ。


 そんななか、4月初めに英国の医療雑誌に掲載された1本の論文が大きな反響を呼んだ。


「日本成人における異性間性交渉未経験の割合の推移について」と題された論文で、責任著者は、スウェーデン在住の医師で疫学研究者の上田ピーター氏(33)。上田氏は、スウェーデン人の父と日本人の母をもち、日本への留学経験もあり、現在、東京大学大学院医学系研究科の渋谷健司研究室にも客員教授として籍を置いている。


衝撃の論文発表――「セックス未経験」は雇用や収入のせいなのか?

 上田氏によると、「日本国内だけでなく、国外からも大きな反響があり、CNN、『ニューズウィーク』、『フォーブス』、『ガーディアン』、『インデペンデント』など大手メディアのほか、アジアのメディアからも取材や問い合わせがあった」という。


 上田氏を始めとする調査チームは、厚生労働省の「出生動向基本調査」と「国勢調査」を元に、(1)年齢グループ別に異性間性交渉未経験の割合を推定し、(2)「未経験者」の割合の推移を時系列的に追い、(3)「未経験」と社会的・地域的要因(「収入」「学歴」「雇用形態」「住居地域」「居住地区の人口規模や人口密度」)の関連性を明らかにしようとした。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年5月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。