マツコも認めるIKKO 57歳で再ブレイクの秘訣は“許す力”

“オネエタレント”としても人気を博した美容家・IKKO(57)が、思わぬ形で再びお茶の間を賑わしている。


マツコも認めるIKKO 57歳で再ブレイクの秘訣は“許す力”

「一時のオネエブームは凄かった。ダンサーの真島茂樹、華道家の假屋崎省吾ら、各分野のオネエたちが出演する『おネエ★MANS』(日テレ系)が始まったのが06年。IKKOも出演者の1人として知名度を上げた。しかしマツコ・デラックス(46)は別格として、ブームはやがて下火に。IKKOもテレビ露出が減り気味だったが、ここにきてまたバラエティー番組への出演が増えている。自前の和服でバッチリ決め、『どんだけ~』のギャグも健在です」(放送記者)


 最近はメイク&トークショーの開催や化粧品のプロデュースなど、“美のカリスマ”としての本業に重きを置いていたIKKO。“再ブレイク”のきっかけは、お笑いコンビチョコレートプラネット松尾駿(36)だった。


「チョコプラは長田庄平(39)の和泉元彌、松尾のIKKOというものまねを武器に昨年急浮上。松尾についてはIKKOも“公認”し、和服をプレゼントするほど。共演も増えています」(同前)


■ものまねする側&される側がブレイクする条件とは?

 ものまねをする側、される側、双方が脚光を浴びた例は過去にもあった。80年代末にはコロッケ(59)が美川憲一(73)のものまねを押し出したことで、低迷していた美川が復活。無口な“静”の歌手だった美川が、オネエ的キャラを前面に出し、芸能界のご意見番にまでなった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. マツコ・デラックス 5時に夢中!
  2. マツコ・デラックス マツコの知らない世界
  3. マツコ・デラックス マツコ会議
文春オンラインの記事をもっと見る 2019年5月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「マツコ・デラックス + マツコ会議」のおすすめ記事

「マツコ・デラックス + マツコ会議」のおすすめ記事をもっと見る

「マツコ・デラックス + 夜の巷を徘徊する」のおすすめ記事

「マツコ・デラックス + 夜の巷を徘徊する」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中居正広」のニュース

次に読みたい関連記事「中居正広」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。