「心底失望した」伊藤忠元会長・丹羽宇一郎(80)が、政府の「働き方改革」を徹底批判!

 4月1日より働き方改革関連法が順次施行されて約1ヶ月半。1947年に労働基準法が制定されてから70年ぶりとなる大改革で、長時間労働の是正や同一労働・同一賃金の実現が謳われている。


 これに対し「心底、失望させられました」と異を唱えるのが、丹羽宇一郎氏(80)だ。「人は仕事で磨かれる」をモットーに、伊藤忠商事会長、中国大使を歴任した丹羽氏が指摘する、政府の「働き方改革」の問題点とは――。


「心底失望した」伊藤忠元会長・丹羽宇一郎(80)が、政府の「働き方改革」を徹底批判!

■誰のために作ったのかわからない

丹羽 「仕事とは、すなわち人生そのもの――私は半世紀以上、この信念でやってきました。そしてそれは今も間違った考えだとは思っていません。仕事は何よりも人に生きる喜びをもたらしてくれる。働き方改革は、それが法律に反映されていないのです。誰のために作ったのかわからないような法律ばかりが並んでいる。


 これからの50年、100年は、AIの進化やロボット技術の発展によって仕事のあり方そのものが大きく変化するでしょう。その中で人口減少社会に突入している日本は、一人ひとりの生産性を高めていかなければなりません。過労死の防止など、長時間労働に伴う問題を解決することは大切ですが、働きやすい環境を作って労働者の意欲を高めることが喫緊の課題なのです。


 働き方改革は仕事のあり方、ひいては国民の人生を決定付けるほど重要なのに、それを理解した上で作られた法律だとはとても思えません」


 改革の目玉となっているのが、残業時間の上限規制と年次有給休暇の取得義務だ。今回、初めて法律に明記され、違反した場合には企業名の公表や刑事罰が科せられる可能性もある。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年5月24日の社会記事
「「心底失望した」伊藤忠元会長・丹羽宇一郎(80)が、政府の「働き方改革」を徹底批判!」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    現議員は一度民間のペーペーを最低でも1年以上経験してから議員になってください。コネ入社で重役天下りもどき扱いの働き方で実態なんかわかるわけがない。

    5
  • 匿名さん 通報

    残業してでも働きたい程労働意欲があるなら副業でも何でもすりゃいいだろ。こういうふうに私の若いころは残業も省みずみたいな話を美談として語って今の時代でも同じように求めるから駄目なんだよ

    5
  • 匿名さん 通報

    この人が言ってることは間違いではないけど理想論。 マネジメントができない人が上司になっているから死人が出てるんでしょ。 その上司を誰がどうやってコントロールするの?

    2
  • 匿名さん 通報

    働き方改革で、時間が延びて仕事が増え、手当を減らされました。 正直、自分でも驚く位やる気がなくなってます。 表面上の辻褄合わせだけやっておわりになってますね。従えないなら辞めろとまでいわれました。

    1
  • 匿名さん 通報

    そんな美談言われるなら、伊藤忠さんは学歴採用撤廃されましたかね?Fラン大卒は、採用しないなど?人材育成にも積極的になってもらわないと、この主張はできないのでは?最近の採用学校名全て公開してもらえます?

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。