伝説の朝ドラ『おしん』で、容赦のない物語に視聴者がアツくなるのはなぜか

 テレビをつけたら、若手イケメン俳優5人が笑顔で洗濯。そういえば、家庭用洗剤や調味料のCMで、女性がひとりで家事をしているバージョン、ほぼ見なくなった気がします。


 今や男性が家事を“手伝う”と口にしたり文字にしたりすれば炎上必至。当事者が“手伝う”って何事じゃゴラァ……ということなのでしょうが、昭和生まれにはなんだかいろいろ難しい。


 まあ「どこまでいっても渋谷は日本の東京」ってことですよbyけみお。あああーなにもう無理。


■www.の波の中でアツく語る視聴者続出のお化け番組

 と、家庭をはじめ、いろいろな局面で価値観のアップデートが求められるこの令和元年に、朝のNHKでおもしろい現象が起きています。


 NHKの新作朝ドラ『なつぞら』は1日に4回放送されますが、1番早い7時30分の回を見ようとNHK-BSプレミアムにチャンネルを合わせている視聴者の多くが、その前の時間帯、7時15分よりオンエアされている昭和の朝ドラにがっちりハマっているらしく。


 www.の波の中でアツく語る視聴者続出の伝説の朝ドラ『おしん』。今から36年前、1983年4月から1年に渡って放送され、平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%(ビデオリサーチ調べ)を叩き出したお化け番組です。


伝説の朝ドラ『おしん』で、容赦のない物語に視聴者がアツくなるのはなぜか

『おしん』が放送された1983年といえば、東京ディズニーランドの開業でテーマパーク、アトラクションという概念が日本に持ち込まれ、任天堂はファミコンを発売。街中にチェッカーズと中森明菜の曲が溢れて、エンタメ界も経済もイケイケだった時代。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年5月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日曜劇場」のニュース

次に読みたい関連記事「日曜劇場」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。