「失敗したっていい。だって現世は来世の練習だから」――岩井ジョニ男の生き方

いいとも!」の前説でタモリさんに一度だけ褒められた理由――岩井ジョニ男の生き方 から続く


 自身初のフォトエッセー 『幻の哀愁おじさん』 (文藝春秋)発売記念インタビュー後編。タモリの教え、さんまの薫陶、関根勤の寵愛……大物芸人から可愛がられすくすくと育った岩井ジョニ男。彼の芸能界生き残り戦略は「無理をしない」「流れに乗る」「年齢に逆らわない」といたってシンプル。しかしそこにはジョニ男にしか掴みとれなかったであろう人生哲学があった。オイルショック一本で生きる覚悟。岩井ジョニ男とは、令和の時代が待ち望んでいた“ネオ昭和芸人”である。 ( #1 より続く)


「失敗したっていい。だって現世は来世の練習だから」――岩井ジョニ男の生き方

◆◆◆


■「とんねるずさんやB21さんがいたショーパブで働きたい」

――ジョニ男さんは芸歴何年目なんですか。


ジョニ男 これ難しい。やり始めたのはもう相当前、30年近く前なんですよ。最初の頃組んでた相方が病気になって辞めちゃって、ひとりになって。「これはもうしょうがない」ってタモリさんのところへ行き始めて。タモリさんの付き人時代も、何カ月に1回は舞台にひとりで立ったりしていたんですよ。「ドクターストップ岩井」という名前で。


――不吉な(笑)。


ジョニ男 ドクターストップ、ほんとにストップしちゃいましてね。タモリさんの付き人をしながらひとりでネタやってるのもなんか違うかなと。本気でやるんだったらタモリさんのところを卒業しなきゃダメだと思って。正しくは(芸歴は)そこからなのかなぁ。吉本さんは初舞台から数えるって言いますが、それだともう30年近くになりますね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. タモリ タモリ倶楽部
  2. タモリ ブラタモリ
  3. タモリ 笑っていいとも!
文春オンラインの記事をもっと見る 2019年6月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「タモリ + タモリ倶楽部」のおすすめ記事

「タモリ + タモリ倶楽部」のおすすめ記事をもっと見る

「タモリ + ブラタモリ」のおすすめ記事

「タモリ + ブラタモリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「坂上忍」のニュース

次に読みたい関連記事「坂上忍」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。