「#通訳なし」がトレンド入り 雅子さまが“マニッシュ”スタイルを選ばれる理由

 天皇皇后両陛下は全国植樹祭に出席されるため、愛知県を訪れられた。即位後、初めての地方訪問となった。今後、両陛下が毎年出席される地方行事の一つで、この全国植樹祭は上皇ご夫妻から引き継がれたものだ。


「#通訳なし」がトレンド入り 雅子さまが“マニッシュ”スタイルを選ばれる理由

 今回は1泊2日の日程で、私が注目したのは初日の6月1日、雅子さまが淡いグレーにホワイトの縁取りが施されたパンツスーツをお召しになっていたことだ。皇太子妃時代にもパンツスーツはよくお召しになっていたのだが、今回はスーツと同系色で細めのハイヒールパンプスを選ばれ、つま先の部分はホワイトというシャープなデザインだった。とてもスタイリッシュな印象を受けた。


■一見シンプルながら、細やかなデザイン

 雅子さまが皇后として、初めての単独公務である日本赤十字社の全国大会に臨まれたのは、5月22日のこと。これに先立って、雅子さまは5月1日付で美智子さまの後を受け、日本赤十字社の名誉総裁に就任されていた。雅子さまは、赤十字の活動に継続して貢献し、功績のあった人や団体に賞状などを手渡され、式典終了後には関係者らと懇談された。


 この日の雅子さまは、潔いホワイトのスーツをお召しになっていた。ジャケットの襟やボタン、お帽子などにポイントとしてネイビーをお使いになっていて、一見シンプルながら、細やかなデザインにも目が留まる。このスタンドアウトカラーのジャケットには、華やかさがあった。2003年7月に茨城県で行われた献血運動推進全国大会でも、同じジャケットとお帽子をお召しになっていたようだ。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年6月3日の社会記事
「「#通訳なし」がトレンド入り 雅子さまが“マニッシュ”スタイルを選ばれる理由」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    まぁ行っても旦那がストーカーをしてなければ、今頃主要国で女性大使をしてただろうし、それぐらい嫁の話が出る前から期待された人間だったけどな。

    3
  • 匿名さん 通報

    病気はどうなった?現金なもんだな。

    2
  • 匿名さん 通報

    やっとかまってもらえたから舞い上がってるな。かまってちゃん。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。