「彼に必要なのは自信だけ」 ヤクルト・原樹理と楽天・伊藤智仁のチームを超えた師弟関係


「原樹理には日本を代表するエースになってもらいたいし、そうなれるポテンシャルを秘めている。彼に必要なのは自信だけ」


 この日の登板では、かつての師に恩返しをすることはできなかった。「直接対決」となる次の楽天との交流戦登板は、来季以降に持ち越された。立場上、表立って声明することははばかられるかもしれないが、伊藤智仁が今でも原樹理のことを気にかけていることを、僕は知っている。一度結ばれた師弟関係はいつまでも続く。いつか、「今日の原樹理は完璧だった。脱帽だよ」と、伊藤に言わせるようなピッチングをぜひ見たい。それが、尊敬する師匠に対して、弟子である原樹理に課せられた使命なのだ。


◆ ◆ ◆


※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/12164 でHITボタンを押してください。


(長谷川 晶一)


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年6月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。