新紙幣にまつわる7つの疑問、財務省に聞いてみた

新紙幣にまつわる7つの疑問、財務省に聞いてみた

 1万円、5000円、1000円の各紙幣を2024年に刷新することが発表されたのは、4月9日のことだった。1万円札に「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一、5000円札に津田塾大の創始者である津田梅子、1000円札には近代医学の基礎を築いた北里柴三郎を採用。紙幣の刷新は2004年以来20年ぶりとなる。


 新元号「令和」が発表された直後のこの発表に対し、様々な意見が出た。なぜこのタイミングなのか、なぜ3人が選ばれたのか、なぜキャッシュレス時代に新紙幣が必要なのか、等々。


 そこで真相を探るべく週刊文春編集局長・新谷学が財務省を訪ね、廣光俊昭・理財局国庫課長に話を聞いた。


 


Q1. 新紙幣、なぜ今だったのですか?
A1. 偽造防止の観点では適切なタイミングです


――なぜ、このタイミングだったのでしょうか。新元号「令和」を発表した直後で、安倍政権や財務大臣の功績づくりではないか、という声も出ました。


「お札が偽造されにくい力、これを“偽造抵抗力”と呼んでいるのですが、民間の印刷技術は日々進歩を遂げているので、相対的にお札の偽造抵抗力は低下していきます。ですから、改刷というものは定期的に、およそ20年に一度ぐらい偽造防止という観点でやっているんです。前回の改刷が2004年でしたから、そこから約15年が経過し、さらに改刷の準備には5年ぐらいかかります。そういったことを考えあわせると、改刷を発表するには適切なタイミングだったと思っています」


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年6月18日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。