日朝首脳会談に期待が高まる中……“金正恩を激しく批判する”北朝鮮亡命外交官が来日の意向

 これまで韓国へ亡命した脱北者の中で歴代最高位となるエリート外交官・太永浩氏(56、元駐英北朝鮮大使館公使)が、初来日する方向で調整していることが分かった。


■手記が異例の16万部を突破

 太氏は、数日間滞在する予定で、東京都内で記者会見などを行う予定だという。現在、日本の世論では、北朝鮮による拉致問題解決のための日朝首脳会談実現への期待が高まっている。太氏も来日中、拉致問題に言及するものとみられる。


日朝首脳会談に期待が高まる中……“金正恩を激しく批判する”北朝鮮亡命外交官が来日の意向

 今回の太氏の来日は、6月13日に日本で発売される手記 『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』 (文藝春秋刊)に合わせたものだ。2018年5月に発売された韓国語版『三階書記室の暗号 太永浩の証言』(原題)は、ノンフィクションジャンルの書籍としては異例となる16万部の売り上げを記録した。


 日本での著書刊行に先立ち、太氏は「文藝春秋」のインタビューに応じ、現在の北朝鮮をめぐる情勢、とりわけ日朝関係について分析した。


■金正恩が安倍首相に期待する“風呂敷の中身”

 まず、太氏は安倍晋三首相について次のように語った。


「私は、これまでの安倍首相の対北朝鮮政策については、『とても上手い』と考えています。昨年4月27日の南北首脳会談で『板門店宣言』が出された時や、同年6月12日にシンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談で『米朝共同声明』が出された時、韓国でそうだったように、多くの人が『金正恩は核を放棄する』と信じていました。しかし、日本政府と安倍首相は、『制裁を維持し続ける』という立場を貫きました。今、振り返れば、安倍首相の方針が正しかったと言えるでしょう」


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年6月13日の社会記事
「日朝首脳会談に期待が高まる中……“金正恩を激しく批判する”北朝鮮亡命外交官が来日の意向」の みんなの反応 3
  • 正直な金さん 通報

    拉致された方々の消息もわからんのに、お土産だけ取られてさぁ それが金さん一族のいままでのやり方。安倍晋三よ人気取りに会談して騙されるな。

    3
  • 匿名さん 通報

    経済協力じゃなくて身代金な

    1
  • 匿名さん 通報

    「正直な金さん」の言われるとおりだ!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。