就職氷河期世代の家賃滞納 41歳独身男性は「親には頼らない」と叫んだ

 司法書士の太田垣章子さんは2200件以上の「家賃滞納」の現場を見てきた。そんななかで近年目立つのが、就職氷河期世代の家賃滞納だという。


 就職氷河期世代は、バブル崩壊後のあおりで新卒時に正規の職に就けず、不安定な非正規労働を続けざるをえない人々。主に1993年~2004年ごろ高校や大学を卒業した人を指し、現在30代半ば~40代半ば。00年春卒で、大卒求人倍率は0.99倍(リクルートワークス研究所)、その後も低迷が続いた。


 彼らが不安定な収入状態のまま高齢化すれば、生活保護受給の増加など社会保障費が膨らむという懸念がある。太田垣さんにそんな就職氷河期世代の家賃滞納ケースを紹介してもらった。


就職氷河期世代の家賃滞納 41歳独身男性は「親には頼らない」と叫んだ

◆◆◆


■「ご実家に戻られたらいかがでしょうか」「それはない!」

 41歳、独身男性。8万円の家賃の支払いは遅れがちになり、ここ3カ月近くまったく支払われていません。トータルですでに24万円ほどの滞納状態でした。


 滞納者の加藤巧(仮名)さんと初めてコンタクトがとれたのは、内容証明郵便を送った翌日。受け取ってすぐに電話してこられたので、真面目な人なのでしょう。


「転職しようと思ったら、思いのほか、次の仕事が見つからなくて」


 仕事をしていないのに、切羽詰まった感は窺えません。ただ声に元気はありません。緊急連絡先がお母さんになっていました。実家も近くです。


「一度ご実家に戻られたらいかがでしょうか」


 そう言うと、間髪を容れず「それはない!」と語気を荒らげます。このような反応をされる方は、ほぼ間違いなく親子関係が悪い状態です。だから親を頼らない、頼れない……。 巧さんは、超就職氷河期世代。その年の求人倍率は1倍を割っていました。加藤さんはこんな風に振り返ります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年6月15日の社会記事
「就職氷河期世代の家賃滞納 41歳独身男性は「親には頼らない」と叫んだ」の みんなの反応 18
  • 同世代 通報

    この人のことを笑える人は実際この世代いかに就職が厳しかったか知らない。私も同世代だ。就職先がなくて思い詰めて自ら命を絶った友人、同級生が二人もいる。本当に大変だったのだ。

    9
  • 同世代2 通報

    軒並み新卒採用を見合わせる企業、どこも受からないからと結局ブラック企業に新卒で採用され心身ともにボロボロになって2~3年で転職や非正規になんてザラだった。

    6
  • 匿名さん 通報

    生活保護決定の前に親に養えないか確認が行くはずだが親は断ったのかね?子が生活保護受けてるのがバレるって就職決まらないとかいうレベルじゃなくて恥ずかしいと思うが。

    5
  • 匿名さん 通報

    ひきこもりといっしょで、頑固者ほど社会から見放されていく。損するのは、自分になるだけだ。親子関係など理解できるが、もう大人だから自分の現状を受け入れ、自分から社会に適応を。怒鳴られれるくらい当然。

    3
  • 匿名さん 通報

    じゃ『誰が払うの?』っていえば、この滞納者だろ()

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。