低下しない若者の自殺死亡率 都道府県別のデータを比較した

低下しない若者の自殺死亡率 都道府県別のデータを比較した

 川崎・登戸でスクールバスを待っていた小学生らが相次いで刺された殺傷事件では、犯人は自らの首を切って死亡した。「拡大自殺」の一種であるとされたことから、テレビのコメンテーターやSNSでは「一人で死ねばいい」という言葉が飛び交い、その是非をめぐって論争にまで発展した。


■「一人で死ぬ」ことを選ぶ若者は少なくない

 筆者は1990年代後半から自殺や自殺未遂をテーマに取材をしている。最近では、いじめや不適切な指導、パワハラやセクハラによって、子どもや若者が自殺に至ったり、未遂をする人たちの事例について、当事者や遺族の話を聞いている。過去には、自殺の方法が「ネット心中」や硫化水素自殺、違法な薬物のやりとりなどの社会問題になることもあった。


 警察庁の発表では、2012年以降の年間自殺者数は3万人を下回って、昨年は統計を取り始めてもっとも少ない自殺者になった。しかし、若年層の自殺死亡率(10万人あたりの年間自殺者数)がなかなか低下しない。「一人で死ぬ」ことを選ぶ若者は少なくないのだ。地域によっての差もよく聞かれる。そのため、都道府県別に、若者層の自殺死亡率を算出してみることにした。


 算出方法は、厚生労働省自殺対策推進室が発表している「地域における自殺の基礎資料」(2018年12月確定値)による各都道府県の年代別自殺者数を、人口推計の「都道府県、年齢(5歳階級)」(2018年10月1日現在)で割ってみた。


あわせて読みたい

文春オンラインの記事をもっと見る 2019年6月17日のライフスタイル記事
「低下しない若者の自殺死亡率 都道府県別のデータを比較した」の みんなの反応 24
  • 匿名さん 通報

    うつ病の私はわかる。死んでこそ世のため。これが今の日本。wwwwwww

    5
  • 匿名さん 通報

    ですよねぇ〜汚物以下トンキン(笑)。特に20以下ほとんどトンキン痴呆じゃないですかぁ〜(笑)。レイパーでも共通する、若者の自殺が多いあの国と同じですねぇ〜(爆)。まぁフクシマ虐めですしねぇ〜(笑)。

    3
  • 統計誤魔化し大本営トンキン元祖(笑) 通報

    汚物以下トンキンの皆さんは本当に現実が見れない、数字が読めない、凄いバカなんですねぇ〜。この統計40以上がないですけど、入れたら汚物以下トンキンがもっと酷くなるから除外したんですねきっと(笑)。

    2
  • 匿名さん 通報

    これに異を唱える者。最善策を示してみよ!自殺はふえる。

    2
  • 匿名さん 通報

    薬物中毒者がいっぱい逮捕されてる汚物以下トンキン(お察しの断トツレイパー大国)が性懲りもなく(笑)。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。